戸塚区版 掲載号:2018年6月7日号
  • LINE
  • はてぶ

第207回 男のおしゃれ学 「江戸時代は男女混浴であった」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

 子どもの頃育った山形県最上町には、西側に瀬見温泉、東に赤倉温泉がある。家にも風呂はあったが、どちらの温泉にも村湯があり村人たちはいつでも自由に入ることができたため、風呂に入らない日はなかった。

 江戸時代までは男女混浴だったが、明治元年6月に男女混浴禁止に。しかしこのまちの山奥では混浴が残っていた。

 風呂で気が付いたことをいくつか。ひとつめはタオル。水を吸いにくい合成繊維は静電気がたまりやすくパチパチする。ふたつめは体臭。脂性の人は体臭がきつい人が多い。みっつめはマッサージ。高齢になると耳が遠くなってテレビの音も大きくなってくるが、風呂に入る度に毎日指先で耳の周りをごしごし洗い流していたら、それがマッサージ効果となったのだろうか、音が聞きやすくなってきた。

 筆者の体験からであって何の根拠もなかったが、副作用もないので、諸兄たちも風呂で試して下され。

10/26家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

戸塚区版のコラム最新6件

男のおしゃれ学

第212回

男のおしゃれ学

8月16日号

男のおしゃれ学

第211回

男のおしゃれ学

8月9日号

「きょうは漢方の話」

仁天堂薬局のコラム

「きょうは漢方の話」

7月26日号

男のおしゃれ学

第210回

男のおしゃれ学

7月19日号

男のおしゃれ学

第209回

男のおしゃれ学

6月28日号

男のおしゃれ学

第208回

男のおしゃれ学

6月21日号

高齢者の住み替えを支援

自宅を売却して転居費用に充当! ウスイホームに相談ください

http://www.usui-home.com/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「碧色の風景」に自身投影

下倉田町在住大久保さん

「碧色の風景」に自身投影

油絵の個展 26日まで

10月2日~10月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク