戸塚区版 掲載号:2018年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

第208回 男のおしゃれ学 「子どもの頃に食べたものは忘れられない」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

 甘いお菓子など食べられなかった幼少期、母親が毎年3月のひな祭りになるとつくってくれる「くじら餅」。もち米に小豆やクルミが入っていて、甘く風味が良い。日がたって硬くなったものを焼くと、更に香ばしくなって美味しい。

 誕生したのは山形県新庄戸沢藩八万石の時代。干ばつや洪水、戦乱などで食糧不足だった当時、「久しく持ちが良い餅」と書き、生き抜くための食べ物としてつくられた。現在でも3月の節句の際には、女の子が無事に成長した祝いの餅として、最上町地方では歴史と伝統を受けつぎ食されている。今風に独特の技術を加え、最上町地方の名物としてお土産屋さんやお菓子屋さんなどで売られている。ゴマなど、なかに入れるものによって見た目も白や黒などに変わっていく。各家庭では味もそれぞれ工夫されるので面白い餅だ。

 筆者は田舎へ帰ると、子どもの頃の思い出を求めて「くじら餅」を買って帰る。

戸塚区版のコラム最新6件

男のおしゃれ学

第212回

男のおしゃれ学

8月16日号

男のおしゃれ学

第211回

男のおしゃれ学

8月9日号

「きょうは漢方の話」

仁天堂薬局のコラム

「きょうは漢方の話」

7月26日号

男のおしゃれ学

第210回

男のおしゃれ学

7月19日号

男のおしゃれ学

第209回

男のおしゃれ学

6月28日号

男のおしゃれ学

第207回

男のおしゃれ学

6月7日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒米の穂刈りに挑戦

黒米の穂刈りに挑戦

24、30日 舞岡公園内

9月24日~9月30日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク