戸塚区版 掲載号:2018年7月12日号
  • LINE
  • hatena

横浜市会報告 健康福祉・医療委員会の副委員長に就任 横浜市会議員 鈴木太郎

 横浜市会、第2回定例会において「健康福祉・医療常任委員会」の副委員長への就任が決定しました。市会では一年ごとに所属委員会を変更します。いわば議会内の人事異動で、私は今年度、市会議員歴16年目を迎えますが、初当選、初所属したのがこの委員会の前身である福祉・衛生・環境保全委員会。以来所属する機会に恵まれませんでしたが、久しぶりなだけに一層精力的に取り組んでいこうと考えています。

高齢化対策に注力

 所管する健康福祉局は、高齢者福祉や障害者福祉をはじめ、保健、生活衛生、年金、生活保護と幅広い分野を担当。医療局及び病院経営本部は医療政策全般を統括するとともに市立3病院(市民病院、脳卒中・神経脊椎センター、みなと赤十字病院)を経営しています。2局の一般会計予算は市全体の予算の約4分の1を占めており、市政でどれほど重要であるかお分かりいただけると思います。

 市の人口は毎年増えていますが、来年度にピークを迎え、2020年度からは急速に減少。一方で65歳以上の人口は当面の間増加します。これは高齢化率の伸びが著しいことを示しています。とくに団塊の世代がすべて75歳以上になる25年には要介護者も認知症高齢者も現在の1・4倍に膨れ上がると推測され、介護のニーズが増大することは目に見えています。

 同時に医療ニーズも高まります。横浜市内の病院のベッド数は約2万2千床ですが、30年には約2万6千床が必要と推計。このままでは「入院できない」「必要な介護サービスを受けられない」という状況に陥ってしまいます。今から健康に留意し、積極的に介護予防に取り組むことが大切です。行政主導には限界がありますので、地域で様々な主体が支えあいながら進めていく必要があります。高齢者政策は高齢者だけの政策ではなく、若者にも大いにかかわる政策ということを認識していかなければなりません。私は、現在、明治大学や横浜薬科大学において非常勤で公共政策を教えていますが、大学生たちにも市の高齢化社会の実情と対応を紹介しています。

 3年前の選挙で訴えた政策の一つに、「高齢者が安心して暮らせるチャンスを創ります!」があります。今年度の委員会の副委員長として政策の実現に邁進してまいります。

鈴木太郎政策研究所

横浜市戸塚区戸塚町4158 山一№2ビル203

TEL:045-860-2564
FAX:045-865-0337

http://www.suzukitaro.com/

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

お肌のシミご相談ください

皮膚科で薬用美白クリームの処方が始まりました。※自費診療となります

https://yokohamahp.jp/

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バザーで無駄ゼロに

バザーで無駄ゼロに

15日 上倉田町の施設

12月15日~12月15日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク