戸塚区版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

10月28日開催の第13回浜薬祭実行委員会委員長を務める 小林 いずみさん 横浜薬科大学3年 21歳

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena

「姉御肌」気質で成功導く

 ○…テーマは「延々と」と訳されるon&on。「浜薬祭がずっと続くものに」という思いを込めた。今年は恒例の模擬店などに加え、高校生向けの薬剤師体験や教授が開発した体に良い成分が入ったチョコの試食も用意。「他の学祭とは一味違う“薬科大ならでは”の催しをぜひ楽しんで」。歯切れ良い話しぶりから、30人以上の委員をまとめるリーダーシップがうかがえる。

 ○…「ひとつのゴールに向けて1年掛かりでじっくりと準備し、最後は全員で燃え尽きる。そんな所が良い」と、入学当初から委員会へ。学業やバイトとの両立に苦心しながらも着実に作業をこなし、昨年は学祭の目玉である芸人ライブの司会という大役を担った。そんな頼もしさを周囲が放って置くはずがなく、ごく自然な流れで代表に抜擢。「君がいるなら勉強が忙しくても委員を続ける」という言葉に背中を押され、舵を取った。

 ○…「こんな小さな粒が人の命を救うなんて」。中学時代に一粒の薬を見てふと感じた疑問から、薬学を志すように。在住する港南区からもアクセスしやすい同大に進学、なかでも「気さくな人ばかりで何でも話せる」と、教授との会話は楽しみのひとつだ。そこに面白さを見出し、現在は「医師とコミュニケーションが取れる仕事を」と製薬会社の営業マンを目指して猛勉強の日々を送る。

 ○…三姉妹の長女だけあってしっかり者。悩んでいる後輩にはそっと寄り添い、真剣にアドバイスする。そんな「姉御肌」気質の反面、初めて来場する人でも分かりやすいように今年からパンフレットの地図を見やすく刷新するなど、細やかな心づかいを見せる一面も。「みんなに快く参加してもらうことが大切。残りの時間、悔いのないよう精一杯準備して絶対に成功させます」

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

林 総(おさむ)さん

4月から戸塚土木事務所の所長を務める

林 総(おさむ)さん

瀬谷区在住 56歳

6月10日号

菅田 紗央里さん

とつか区民の夢プロジェクト補助金事業を使い、6月からイベントを行う「広場きわめ隊」の代表

菅田 紗央里さん

品濃町在住 33歳

6月3日号

藤原 滉人(ひろと)さん

5月29日・30日に初のオンライン開催を行う明治学院大学戸塚まつり準備会代表

藤原 滉人(ひろと)さん

大和市在住20歳

5月27日号

伊左次 雄介さん

柔道や総合格闘技の国際大会で活躍し、4月から戸塚高校定時制柔道部のコーチを務める

伊左次 雄介さん

海老名市在住 30歳

5月20日号

遠山 元浩さん

遊行寺宝物館館長として「とつか歴史講演会」の講師を務める

遠山 元浩さん

藤沢市在勤 52歳

5月13日号

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

港北区在住 21歳

5月7日号

平成横浜病院

骨の心配ごとありませんか?

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter