戸塚区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

第216回 男のおしゃれ学 「デザインの文化」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 「着ている物で人を判断するな」とはいうが、服装を見て職業や経済力、人柄や信用性まで読み取る習慣は今も根強く残っている。衣服は寒さをしのいだり暑さから身を守ったり、高級な服で見栄を張るなどいろんな効果がある。そんな衣服は、偶然によってデザイン化されたものが多い。

 巻スカートは足元を寒さから身を守るために派手目の布地を巻いて歩いていた女性の姿がおしゃれに見えて流行した。ズボンの裾の折り返しがついたのは、泥が跳ねて汚れるのを避けるために裾を折り返してはじまった。

 ジャケットの左の衿元に釦(ぼたん)ホールがあるのは、吹雪の時、襟を立てて釦をかけていたのが釦ホールだけ残った名残である。センターベンツやサイドベンツ(スーツの切れ込み)も、乗馬時に足が広げやすくしたのがデザインとして残っている。右胸に別の布地で胸当てがついているジャケットはハンター用の胸当てのパッチがついたのがデザイン化されたのである。
 

11月に2号店オープン!

「体の違和感、改善された“あと”何がしたいか」――。ともに追求します。

https://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版のコラム最新6

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月17日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景 IRと横浜

市、財政への強い危機感

IRと横浜

10月3日号

男のおしゃれ学

第225回

男のおしゃれ学

「異国人から見た日本人」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

8月29日号

男のおしゃれ学

第224回

男のおしゃれ学

「敵とするか味方にするか」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

8月15日号

男のおしゃれ学

第223回

男のおしゃれ学

「女性と男性の見る目の違い」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

8月8日号

「きょうは在宅医療の話」

仁天堂薬局のコラム

「きょうは在宅医療の話」

【1】「かかりつけ薬局」の役割

8月1日号

男のおしゃれ学

第222回

男のおしゃれ学

「口は災いの元」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

6月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ほのぼのフェスタ

ほのぼのフェスタ

19日 戸塚駅西口周辺

10月19日~10月19日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク