戸塚区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

県政報告 中小企業を全力でバックアップ! 神奈川県議会議員 そがべ久美子

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena

 そがべ久美子は平成31年第1回定例会の代表質問で、県の経済活性化に欠くことができない中小企業、とりわけ中小企業制度融資による金融支援について質しました。県データによると、県内中小企業は平成24年から28年までの4年間で約1万3千社減少しているとのこと。特に経営者の高齢化が進む中、後継者不在となり、黒字を出していながらも廃業を余儀なくされる県内中小企業が増え続けています。事業承継を進めるには金融支援が欠かせないことから、県の中小企業制度融資をどのように充実させるのか、問い質しました。

 県は、県経済の活性化に中小企業は極めて重要との認識を示し、金融面できめ細やかな支援をするとしました。その具体的な施策が【1】「事業承継関連融資」親族や従業員への事業承継に加え、新たに、他の中小企業が買収して承継するМ&Aも対象とする。【2】「創業支援融資」の金利を年2%以内から1.8%以内、信用保証料率を0.8%から0.4%にそれぞれ引き下げる。【3】創業前の事業計画の立案や創業後の経営を商工会・商工会議所等の指導を受けながら進める人には、これまで0.6%だった信用保証料率を0%とする特例を実施するとの答弁を引き出しました。私からは神奈川の経済のエンジンを回すためにも中小企業が元気になるタイムリーな施策を今後も打ち出すことを重ねて要望しました。

風しん撲滅に対策強化

 今年に入ってからも風しん患者が発生しており、流行の鎮静化の兆しが見えません。国は、これまで定期予防接種を受ける機会がなく、抗体保有率が低い40〜56歳男性に対し、抗体検査及び予防接種を無料実施する予定。県も新年度予算で無料抗体検査の対象範囲を60歳まで拡大する方針。海外から多くの観戦者が訪れる東京五輪・パラリンピックが迫る中、県は、働き盛りの世代が対象となることから企業との連携が不可欠とし、従業員に予防接種費用の助成などの対策に取り組んでもらうとしていますが、さらに接種協力企業で柔軟な休暇取得や健康診断時の抗体検査等実施企業に対し「優良企業」に認定するなど具体策が必要。「風しん非常事態宣言」を掲げる県として私は風しん撲滅に全力を尽くします。

そがべ久美子

横浜市戸塚区戸塚町3993

TEL:045-869-4559
FAX:045-869-4560

http://www.sogabe-kumiko.com/

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

台風の被災者に寄り添う支援を

元ワーキングママがゆく 31

台風の被災者に寄り添う支援を

横浜市会議員 伏見ゆきえ

11月7日号

財政論無き超高齢社会対策は無策

県政報告 69

財政論無き超高齢社会対策は無策

神奈川県議会議員 北井宏昭

10月31日号

戸塚駅の鳥フン被害改善へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

戸塚駅の鳥フン被害改善へ!

横浜市会議員 中島みつのり

10月10日号

親への支援が児童虐待 防ぐ

県政報告 68

親への支援が児童虐待 防ぐ

神奈川県議会議員 北井宏昭

10月10日号

養育環境が誘引する依存症

県政報告 67

養育環境が誘引する依存症

神奈川県議会議員 北井宏昭

10月3日号

寛容で多様性認める社会へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

寛容で多様性認める社会へ!

横浜市会議員 中島みつのり

9月19日号

大学生が「新しい働き方」を視察

横浜市会報告

大学生が「新しい働き方」を視察

横浜市会議員 鈴木太郎

9月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク