戸塚区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

第219回 男のおしゃれ学 「きれいな字を書く人」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 鉛筆は英国で作られて、日本では家康が初めて使ったという説がある。日本では現在、鉛筆を年間2億本作っている。ボールペンの誕生は1880年代に米国のラウド氏が発明したのが始まりであったが、インク漏れの欠点があった。その半世紀後にハンガリーのジャーナリスト・ラースロー氏が開発したのが、現在のボールペンである。

 筆者は子どもの頃から、今思っていることや習ったこと、体験したことなどを忘れないうちに何かに書き込むことを習慣にしてきた。走り書きが癖になっているからか、字は下手である。字の上達法は一日に何時間も練習するより、短時間の練習を毎日続ける方が良いようだ。ひとりでモクモクと書くことも悪くはないが、自分の書いた字を添削してもらうことも上達法の早道かもしれない。

 きれいに上手に書く人の字を目で習い、そして真似して書いてみることは、オシャレな人を見て真似るのと一緒だ。
 

11月に2号店オープン!

「体の違和感、改善された“あと”何がしたいか」――。ともに追求します。

https://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版のコラム最新6

男のおしゃれ学

第225回

男のおしゃれ学

「異国人から見た日本人」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

8月29日号

男のおしゃれ学

第224回

男のおしゃれ学

「敵とするか味方にするか」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

8月15日号

男のおしゃれ学

第223回

男のおしゃれ学

「女性と男性の見る目の違い」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

8月8日号

「きょうは在宅医療の話」

仁天堂薬局のコラム

「きょうは在宅医療の話」

【1】「かかりつけ薬局」の役割

8月1日号

男のおしゃれ学

第222回

男のおしゃれ学

「口は災いの元」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

6月13日号

男のおしゃれ学

第221回

男のおしゃれ学

「人生には大逆転がある」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

5月30日号

男のおしゃれ学

第220回

男のおしゃれ学

「青い色の服は海のイメージ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

5月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵画や写真約120点披露

とつか美術会

絵画や写真約120点披露

25日から公募展

9月25日~9月30日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第225回

    男のおしゃれ学

    「異国人から見た日本人」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月29日号

  • 男のおしゃれ学

    第224回

    男のおしゃれ学

    「敵とするか味方にするか」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月15日号

  • 男のおしゃれ学

    第223回

    男のおしゃれ学

    「女性と男性の見る目の違い」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月8日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク