戸塚区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

第219回 男のおしゃれ学 「きれいな字を書く人」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 鉛筆は英国で作られて、日本では家康が初めて使ったという説がある。日本では現在、鉛筆を年間2億本作っている。ボールペンの誕生は1880年代に米国のラウド氏が発明したのが始まりであったが、インク漏れの欠点があった。その半世紀後にハンガリーのジャーナリスト・ラースロー氏が開発したのが、現在のボールペンである。

 筆者は子どもの頃から、今思っていることや習ったこと、体験したことなどを忘れないうちに何かに書き込むことを習慣にしてきた。走り書きが癖になっているからか、字は下手である。字の上達法は一日に何時間も練習するより、短時間の練習を毎日続ける方が良いようだ。ひとりでモクモクと書くことも悪くはないが、自分の書いた字を添削してもらうことも上達法の早道かもしれない。

 きれいに上手に書く人の字を目で習い、そして真似して書いてみることは、オシャレな人を見て真似るのと一緒だ。
 

11月に2号店オープン!

「体の違和感、改善された“あと”何がしたいか」――。ともに追求します。

https://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版のコラム最新6

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月30日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

1月23日号

「きょうは漢方の話」

仁天堂薬局のコラム

「きょうは漢方の話」

【7】風邪の諸症状の緩和を

12月19日号

男のおしゃれ学

第227回

男のおしゃれ学

「日本の歌の流れ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

12月5日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

12月5日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く IRと横浜

カジノは負の経済効果

11月28日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く IRと横浜

都心臨海部の起爆剤に

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク