戸塚区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

横浜市会報告 介護分野にICT活用する「ケアテック・オープン・ラボ横浜」始動! 横浜市会議員 鈴木太郎

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのたび、(株)ウェルモ(本社:福岡県福岡市、代表取締役CEO:鹿野佑介)、(株)ジェイアーク(代表取締役:青木英憲)、(株)ツクイ(代表取締役社長:津久井宏)、富士ソフト(株)(代表取締役社長執行役員:坂下智保) と、相互に連携・協力。本格的な超高齢社会の到来を見据え、介護分野で様々な情報技術等を活用しながら、課題解決に向けた共同研究を開始することに合意し、「介護分野におけるオープンイノベーションによる課題解決に関する研究協定」(以下「本協定」)を締結しました。また、本協定の締結を契機に、介護とICTを融合させ、それに伴うイノベーションを促すため、開かれた対話と実証実験の場を提供するプラットフォームとしてケアテック・オープン・ラボ横浜を始動させます。

 今後、具体的な取組として次の二つの研究を進めて行きます。

【1】 介護サービス施設・事業所の詳細情報の提供

 介護サービスの利用者やその家族がニーズに応じたサービスを選択できるよう、行政区など特定の地域内の介護事業者、各種サービス提供団体等に関する様々な情報(サービスの特徴、得意分野、定員の空き状況等)の収集。情報提供にあたって紙やWEB等多様な媒体の活用による効果的なあり方を研究します。

【2】 AIやIoT等の先端技術の活用

 ケアマネジャーや介護スタッフ等の業務負担を軽減するとともに、利用者に対するサービスの質を高めるため、AIを活用したケアプランや通所介護計画の作成支援など、介護現場の業務改善に向けて研究。大学等の研究・教育機関、企業等とともに、介護サービスの利用者やその家族などの当事者や介護・医療関係者を交えた対話の場を通じて展開します。

 実はこうした一連の取組は、私が中心となって議員提案で制定した「横浜市官民データ活用推進基本条例」をもとに進めてきた成果。介護サービスは、益々ニーズが高まる分野です。一方で、担い手となる人材不足や費用を賄う財源不足が危惧されています。それだけに新たな発想やテクノロジーの活用で将来にわたる安心を確保しなければなりません。ケアテック・オープン・ラボ横浜が、そうしたチャンスを創っていけるよう推進します。

鈴木太郎政策研究所

横浜市戸塚区戸塚町4158 山一№2ビル203

TEL:045-860-2564
FAX:045-865-0337

http://www.suzukitaro.com/

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

戸塚駅の鳥フン被害改善へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

戸塚駅の鳥フン被害改善へ!

横浜市会議員 中島みつのり

10月10日号

親への支援が児童虐待 防ぐ

県政報告 68

親への支援が児童虐待 防ぐ

神奈川県議会議員 北井宏昭

10月10日号

養育環境が誘引する依存症

県政報告 67

養育環境が誘引する依存症

神奈川県議会議員 北井宏昭

10月3日号

寛容で多様性認める社会へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

寛容で多様性認める社会へ!

横浜市会議員 中島みつのり

9月19日号

大学生が「新しい働き方」を視察

横浜市会報告

大学生が「新しい働き方」を視察

横浜市会議員 鈴木太郎

9月12日号

ラグビーで横浜の魅力つたえる

元ワーキングママがゆく 30 市政レポート

ラグビーで横浜の魅力つたえる

横浜市会議員 伏見ゆきえ

9月5日号

罰則強化で文化財を守れ

県政報告 66

罰則強化で文化財を守れ

神奈川県議会議員 北井宏昭

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ほのぼのフェスタ

ほのぼのフェスタ

19日 戸塚駅西口周辺

10月19日~10月19日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク