戸塚区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

「天気」で生活もっと快適に 平戸在住 気象予報士が活躍

教育

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena
気象学の専門書と講座で使う自作の紙芝居を持つ遠藤さん
気象学の専門書と講座で使う自作の紙芝居を持つ遠藤さん

 合格率約5%の難関と言われる「気象予報士」。その国家資格を駆使するのが平戸在住の遠藤君江さんだ。遠藤さんは2009年に資格取得して以来、区内外で活躍を続けている。

あえて難関にチャレンジ

 きっかけは、当時小学生だった子どもとのふとした会話だった。学校で保護者が児童の勉強を補助する機会があり、「自分には教えられることがない……」と思っていた遠藤さん。「すると、“ママは何もできないの?”と言われてしまって」。その何気ない一言がチクリと刺さり、一念発起。もともと地学や数学などの理系科目を得意とし、好奇心旺盛な性格も相まって、一般的に難易度が高いとされる気象予報士資格の取得を決めた。

 日々の勉強は子どもが寝静まってから。1日2時間を目途に専門書を熟読し、過去問題を繰り返し解くなどコツコツと努力を重ね、5回目の受験で見事合格。「家族も喜んでくれたし、なにより驚いていました」

「主婦にとって役立つ」

 取得後は主婦や子ども向けに講座を開催する(一社)日本気象予報士会「サニーエンジェルス」に所属。クイズやゲーム形式で楽しく天気について学んでもらおうと、各地で講座などを行ってきた。「主婦にとって天気はすごく重要。雨の前兆が分かれば、洗濯物を干すタイミングに困ることもない。快適な生活への近道です」と笑顔で話す。

 今年からは、これまでの経験を地元で生かそうと「よこはま気象予報士サークル ひまわり」を設立した。近隣に住む気象予報士仲間5人とともに、昨年夏に多発した豪雨被害を踏まえ、「気象による災害」をテーマに勉強会を実施。8月にも東戸塚で開催する予定だ。遠藤さんは「地震と違って、気象は“予測できるもの”。だからこそ、知識を身に付けて自助・共助に努めてほしい。活動がその助けになれば」と話す。

戸塚区版のローカルニュース最新6

プログラミングに挑戦

区内学童保育児童ら

プログラミングに挑戦 教育

専門学校の学生が指導

8月22日号

地域の歴史を学ぶ

地域の歴史を学ぶ 文化

「戸塚見知楽会」 9月にふたつのイベント

8月22日号

地域向けの祭り 賑わう

名瀬町の特養

地域向けの祭り 賑わう 文化

約150人が来場

8月22日号

日中友好寄席で笑顔に

日中友好寄席で笑顔に 文化

24日 あーすぷらざ(栄区)

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月22日号

サチモス“ハマスタ”凱旋

9月8日開催

サチモス“ハマスタ”凱旋 文化

横浜出身メンバー「感謝伝えたい」

8月15日号

地元企業との連携模索

区内社会福祉法人

地元企業との連携模索 社会

意見交換会が白熱

8月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第224回

    男のおしゃれ学

    「敵とするか味方にするか」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月15日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク