戸塚区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

市内在住・在学高校・大学生 戸塚拠点にタイ支援 現地の子どものため募金

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
パヤオクラフトを手にする若者ら
パヤオクラフトを手にする若者ら

 タイ北部で人身売買の被害にあう恐れのある子どもたちを支援しようと、市内在住・在学の高校・大学生ら9人が湘南とつかYMCA(上倉田町)を拠点に1年にわたり募金活動を継続。現地の子どもが刺繍を施したバッグなどを販売し、8月には目標金額に到達させた。

 9人は、県内各地の施設を運営する横浜YMCAの募集によって集った。昨年夏には実際にタイを訪問。人身売買の被害の恐れがある子どもらと交流した経験をもとに、「現地の同世代のために何かできないか」という思いで募金活動を開始した。

多世代へPR

 9人は、湘南とつかYMCAでのイベントや、メンバーが通う高校の学祭などに出店。主に現地の子どもが手作業で刺繍を施した「パヤオクラフト」と呼ばれるバッグなどの販売を通してお金を募ってきた。

 大切にしたのは、「タイでの経験を自分の言葉で伝えること」だという。特に湘南とつかYMCAは、学童クラブやカルチャー教室、スポーツクラブなどの多世代が集う施設。「子どもから高齢者まで幅広く伝える機会があった」とYMCA担当の永塚嘉子さんは話す。

 8月上旬には目標としていた20万円に無事到達。およそ1年をかけた募金活動だった。参加した戸塚区在住の山野拓真さん(高校2年)は「20万円は高額なので不安だったが、皆で頑張って達成でき本当に嬉しい」と話した。浄財は、現地の子どもが必要とする「衣装ケース」の購入に充てられる予定だ。

交流の経験が機に

 タイ北部への支援は、横浜YMCAが1994年から実施。同地区に住む山岳少数民族の子どもが人身売買や性的搾取の被害を受けていたことから、身体を保護し教育機会を得てもらうための「保護シェルター」を、現地YMCAとともに運営してきた。これと並行し、日本の若者を募って現地に訪問する活動を25年にわたり実施している。

 昨年夏にタイに訪れた9人は、保護シェルターを実際に訪問。現地の子どもと共に仕事の体験やスポーツを通して交流した。「同世代の子が人身売買の問題に直面している現実について学び、地元に持ち帰って伝えようとする9人の活動は素晴らしい。今後も学んだことを伝えていってほしい」と永塚さんは話した。

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

9月28日㈯ 食事と運動-生活習慣改善のヒント-

https://yokohamahp.jp/

横浜市戸塚の「石半」

墓石販売・お墓のリフォーム・修理・相談↓お墓のインターネット専門サイト↓

http://ohaka-ishihan.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月14日号

脳梗塞経て「再び合気道を」

戸塚町在住吉田さん

脳梗塞経て「再び合気道を」 スポーツ

周囲の後押しで稽古励む

11月14日号

夢実現させた思い語る

ミステリー作家 倉井さん

夢実現させた思い語る 文化

9日 区庁舎で講演会

11月7日号

食品ロス削減に一手

戸塚 モディ

食品ロス削減に一手 経済

家庭の未使用品集め寄贈

11月7日号

小石さん(平戸町在住)の支援 表明

地元企業

小石さん(平戸町在住)の支援 表明 社会

パラ五輪出場を後押し

10月31日号

木原ゆり子氏が横浜文化賞

市立大舞岡木原記念室

木原ゆり子氏が横浜文化賞 文化

父・均氏の研究功績伝える

10月31日号

区内各所に爪痕残す

台風19号

区内各所に爪痕残す 社会

区、「事前の備え」呼びかけ

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ウクレレライブ

ウクレレライブ

11月24日

11月24日~11月24日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク