戸塚区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

買い物困難者増加対策 柏尾地区で移動販売 ローソンが地域に協力

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
専用車両で行われる移動販売((株)ローソン提供)
専用車両で行われる移動販売((株)ローソン提供)

 柏尾地区連合町内会とグループホームひかり横浜戸塚、ローソンが協同し、県営柏陽台団地前(同ホームひかり駐車場)で9月6日、13日、20日、27日(いずれも金曜日)に移動販売を行う。午前11時から正午まで。

 同連合町内会のエリアは高低差が多い地形の上、住民の高齢化が進んでおり、食料品などの買い物がしづらい人が多い。こうした現状を踏まえ同連合町内会では、5年ほど前からスーパーやコンビニエンスストアで地域内で移動販売をしてくれる企業を探していた。しかし、企業側から「収益の見通しが立たない」とされ、実現に至らなかった。そんな中2018年1月、「イオン戸塚店」が建替えのため休業。さらに買い物をすることが困難になっている人が増えていた。

ニーズの高まりが背景

 そうした現状を踏まえ、柏尾町にあるグループホームひかりから今年5月、地域貢献の一環として、連合町内会に「ローソンが移動販売をしている。仲介ができる」との話があった。同ホームの運営会社が川崎市麻生区でもグループホームを展開しており、そこで同様の取組を実施していることを踏まえたものだった。

 ローソンでは、高齢化や過疎化など社会環境が変化するなか、都市部でも大規模住宅や高齢者施設で移動販売のニーズが高まっていることから、専用車両を使用し、「地域買物コミュニティ」の実現を目指している。市内では泉区内の高齢者施設などや磯子区の上笹下地区内6カ所でルート巡回販売を実施している。

 9月の4日間は、食料品のほか、ティッシュなどの販売も予定されている。今回はテスト販売と位置付けらており、売上状況を見ながら10月以降も継続するか否かが決まるという。

 グループホームひかりでは「地域住民の困り事の改善に少しでも協力できれば」とし、齋藤純一同連合町内会長は「地域にとって長年の課題だった。この取り組みは私たちにとってとても有難いもの。今後継続をしてもらうためにも、多くの人に買い物してほしい」と話している。

 移動販売に関する問合せはグループホームひかり【電話】045・392・6283。

戸塚区版のローカルニュース最新6

色とりどりのバラが見頃

色とりどりのバラが見頃 文化

俣野公園で開花

5月13日号

May J.さんに決定

花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 文化

相鉄線3駅のBGMにも

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 社会

最大2割のポイント還元

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央 卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter