戸塚区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

バドミントン選手として1972年のミュンヘン五輪金メダルなどで功績を残した 中山 紀子さん 汲沢町在住 76歳

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena

ずっとバドミントンに夢中

 ○…ミュンヘン五輪をはじめ数々の世界大会を制した、日本女子バドミントン界の先駆者。培ってきた技術や競技への思いは、指導者として地域の老若男女に惜しみなく伝えている。このほど活動場所のひとつである大正地区センターで、これまでのあゆみを紹介する展示が行われる。「バドミントンの魅力を知ってもらえれば」と笑顔だ。

 ○…静岡県出身。少女時代はとにかく体を動かすのが好きだった。中学時代はソフトボールに青春をささげ全国大会を目指したが、予選突破がかなわず挫折を味わう。スポーツをやめようかと悩んでいた頃、担任が「きみは運動が取り柄なんだから」という一言が響いた。バドミントンの強豪・掛川西高校からの誘いがあり進学すると才能が開花。腱鞘炎に悩まされつつも活躍し、短大時代には念願の全国制覇。卒業後は舞台を世界に移し力を発揮した。勝負師のようにみえるが、常に葛藤があった。「仲の良い選手と戦うのはいつでも辛かった」。それでも全力でぶつからないと失礼だと、おのれを奮い立たせて戦ってきた。

 ○…一昨年に悪性リンパ腫が発覚。ステージ4という診断だったが持ち前の明るさで抗がん剤治療を乗り切った。病魔に打ち勝った現在、「昔からのあこがれだった」という社交ダンスに熱中しリハビリに励む。もちろんバドミントン指導も継続。「健康づくりや体力維持に良いということを、さらに伝えたい」

 ○…レベルが上がる日本女子選手の魅力を嬉しそうに語る。招致活動に協力した来年の東京五輪は大きな楽しみのひとつだ。バドミントン振興は生涯のテーマ。「ずっと夢中でいられたのは私に楽しさを教えてくれた指導者のおかげ」。みずからも楽しさのバトンを次世代へとつないでいく。

戸塚区版の人物風土記最新6

安部 力(ちから)さん

戸塚区社会福祉協議会の事務局長に就任した

安部 力(ちから)さん

東京都在住 55歳

5月21日号

新井 鷗子さん

横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月14日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月30日号

小山 晃伸さん

戸塚警察署長に就任した

小山 晃伸さん

矢部町在住 56歳

4月16日号

落合 嘉弘さん

とつか区民活動センターで不登校生の学習指導、外国籍の子への日本語支援を行う「おっちー塾」の顧問を務める

落合 嘉弘さん

茅ヶ崎市在住 72歳

4月2日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月26日号

総合内科を開設

困ったらまず最初に受診すべき診療科として、 「総合内科」を開設しました。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第232回

    男のおしゃれ学

    「いい女といい男」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク