戸塚区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

第227回 男のおしゃれ学 「日本の歌の流れ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena

 古民謡は作詞家や作曲家も分からない、自然と古くからその土地で生まれて地元の人が唄っていた曲。天保14年に小笠原源次郎が唄った正調江差追分は今でも歌い継がれてファンが多い。新民謡とは昭和初期に地元の名所や地名を入れて、レコード会社が転売目的で作った今で言うご当地ソングである。

 西條八十作詞、中山晋平作曲の東京音頭は今でも盆踊りには欠かすことは出来ない、全国的な流行り唄として歌われている。昭和32年に”低音の魅力”といわれたフランク永井の新京浜国道をテーマにして歌った「夜霧の第二国道」がヒットした頃から歌謡曲の大ブームが巻き起こった。その反対に民謡調で明るい高音が魅力の三橋美智也が次から次へとヒット曲を出した。赤提灯の縄のれんの奥からは、どこの店からも歌謡曲が聞こえ「もう戦後ではない」と流行語にもなった。同時にファッションも女性は明るいパステルカラーを着るようになった。
 

平成横浜病院総合健診センター

健康レストラン「体に気を使いながら美味しく食べられる料理」を提案します。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のコラム最新6

「きょうは漢方の話」

仁天堂薬局のコラム

「きょうは漢方の話」

【7】風邪の諸症状の緩和を

12月19日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

12月5日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く IRと横浜

カジノは負の経済効果

11月28日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く IRと横浜

都心臨海部の起爆剤に

11月21日号

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く IRと横浜

一人になっても反対貫く

11月14日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月31日号

12/6家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク