戸塚区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

広島で被爆した末岡さん 秋葉中生に核の怖さ伝承

教育

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
自らの体験を語る末岡さん
自らの体験を語る末岡さん

 生命の尊さを生徒に考えさせようと、秋葉中学校が全学年を対象に11月28日、広島で被爆経験をした末岡昇さん(82)の講話を聞く授業を行った。末岡さんが過酷な体験談を語るにつれ、会場となった体育館は静寂に包まれていった。

 「全校道徳」として行われたこの授業。生徒に多角的に原爆・核を捉えさせるため、8人のアメリカ人が広島、長崎に投下した原爆を肯定するか、否定するか討論を行う――ストーリーの小説「ある晴れた夏の朝」のあらすじを事前に読ませ、自由に自分の考えをワークシートに記入させた。その上で広島平和文化センターが委嘱している被爆体験伝承者の末岡さんの講話を行った。念入りに準備を整えた理由を狩野久幸校長は「核問題は難しいが、中学生の段階で考えさせたかった」と話す。

「自分のこととして考えて」

 1937年東京に生まれた末岡さんは、7歳のときに父親の生家があった広島市に転居。祖父母などからなる大所帯で暮らしていた。迎えた8月6日は前日から偶然にも、自宅から約20キロ離れた宮島町に弟を出産したばかりで、転居していた母親に会いに行っており、直接被爆することはなかった。「朝、涼みに海に出たところで、もの凄い閃光と鈍い音が鳴り響きき、上空に白い大きな雲が上がっているのを見た」とその瞬間を振り返り、「私は12日後の18日に広島市に入った『入市被爆者』となる」と語った。幸い父親は生存していたが、祖父母などは命を落としてしまう。

 その後、父親は肺がんで亡くなり、自身も大腸がんなどを3回経験する。末岡さんは「核根絶は難しい。しかし今後も市民レベルで訴えていきたい。子供たちには『自分の身に起きたら』という視点で核兵器を考えてほしい」と話す。

 事前学習の段階では原爆否定派は321人、肯定派126人だったが、講演後は肯定派22人と大幅に減少した。生徒の一人は「当初は肯定派だったが、末岡さんの話を聞き、原爆は絶対になくさなければいけないと思った」と語った。

スライドを見ながら話しを聞く生徒
スライドを見ながら話しを聞く生徒

平成横浜病院総合健診センター

健康レストラン「体に気を使いながら美味しく食べられる料理」を提案します。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

「声だけ」の楽しさ届ける

明治学院大学アカペラサークル

「声だけ」の楽しさ届ける 文化

2月27日 鶴見区でライブ

1月23日号

「SDGs」テーマに作曲

区内在住ピアニスト

「SDGs」テーマに作曲 文化

YouTubeで配信中

1月23日号

オペレッタ 参加者募る

さくらプラザ

オペレッタ 参加者募る 文化

合唱・演技でプロと共演

1月23日号

「感謝祭」で地元野菜を直売

区内NPO法人

「感謝祭」で地元野菜を直売 社会

1月26日 汲沢町 青果市場

1月23日号

関係者500人、新年を祝う

賀詞交換会

関係者500人、新年を祝う 社会

区民栄誉賞の授与式も

1月23日号

「100年時代」語るシンポ

「100年時代」語るシンポ 社会

黒岩知事の基調講演も

1月16日号

美しいハーモニーの競演

戸塚公会堂

美しいハーモニーの競演 文化

3月8日 アカペラコン

1月16日号

12/6家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク