戸塚区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

9月26日(土)、さくらプラザホールで開催する「戸塚寄席」に出演する 桂 伸しんさん(本名:相澤 伸さん) 柏尾町出身 41歳

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena

明るい笑いをライブで

 ○…会社員から一転、36歳で落語家見習いに。桂伸治一門に入り、昨年2月に落語芸術家協会・二ツ目に昇進した。9月26日、生まれ育った戸塚での御披露目会として高座に立つ。「戸塚出身じゃなくて柏尾町出身。正月で誰もいないダイエーの駐車場で父親と凧揚げしたな」と、故郷の思い出を快活に語る。

 ○…中高時代からハガキ職人をするほどラジオに傾倒。「声だけで話を補完する」面白さから、落語にもはまっていった。舞岡高校を卒業後、専門学校、大学で電子工学を学び、10年ほど府中市の工場で人工衛星に搭載する通信機器を作っていた。仕事後、新宿で初めて見た「生の落語」に感動。「人工衛星は飛んだら二度と見られない。本当に役に立っているのか」そんな思いがくすぶり転職を考えた時「人生一度きりだしやってみよう」。きっぱり仕事を辞め落語界の門を叩いた。

 ○…5歳から18歳まで過ごした柏陽台団地の暮らしは、棟対抗でサッカー大会ができたほど子どもがたくさんいた。「落語に出てくる長屋みたいで、雑多な感じがよかった」。古典落語を中心に「『まんじゅうこわい』みたいに色んな人がわちゃわちゃ出てくる明るい噺が好きですね。まさに団地」。はたまた、得意とする『茄子娘』は戸塚の寺が舞台。不思議で切ない噺だがクスリと笑えるオチがつく。

 ○…「35歳超えて弟子にとってくれる人などいない」。分け隔てなく優しい師匠は一番尊敬している。本名の「伸」がつく名前にも縁を感じた。真打に昇進する頃には50歳。「人前でやるのは最高の稽古」。だがコロナ禍で仕事は減り、戸塚寄席は貴重な一席だ。「お客さんにはライブで見てほしいですね。師匠のように明るい笑いで、人の笑顔が見られたら」

戸塚区版の人物風土記最新6

中村 公也(きみや)さん

初の著書「リンケージ外交戦術」で第23回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した

中村 公也(きみや)さん

深谷町在住 64歳

10月22日号

内海 宏さん

オンライン初開催となる戸塚区地域づくり大学校で講師を務める

内海 宏さん

俣野町在住 73歳

10月15日号

松信 健太郎さん

品濃町に営業本部ビルを置く老舗書店(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月8日号

尾崎 広幸さん

開業40周年を迎えた東戸塚駅の駅長を務める

尾崎 広幸さん

平塚市在住 56歳

10月1日号

赤嶺 正治さん

大型海洋観測船「みらい」の初代船長として戸塚柏桜荘で講演する

赤嶺 正治さん

藤沢市在住 73歳

9月24日号

新出(しんで) 直美さん

戸塚区老人クラブ連合会の会長を務める

新出(しんで) 直美さん

俣野町在住 83歳

9月10日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

1DAY講座&無料体験。秋から新しいこと始めよう

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク