戸塚区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

ガッツ市政政告【5】 「二重行政」を解消してより独立した横浜市へ! 横浜市会議員 坂本勝司

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena

 11月1日に「大阪都構想」の住民投票が行われたのは記憶に新しいところです。これは大阪市を4つの特別区に分区し区長を公選で選び、それぞれ区議会を設置。府との役割を明確にして二重行政解消をめざすものでしたが、今回の投票結果で大阪都構想は否決。政令指定都市として大阪市の存続が決まりました。

 二重行政解消に向けては、政令指定都市のような人口規模の大きな自治体にとって大きな課題です。より安心・安全なまちづくりや住民サービスを向上させるための財源確保に向けて、横浜市としては「特別自治市」の実現をめざしこれまでも議論してきました。大阪都構想で大都市制度のあり方について全国的に関心が高まる中、今後、地方自治の大きな転換期として更に強く国への要望を続けていきます。

特別自治市をめざして

 「特別自治市」とは横浜市域の国の仕事以外は、原則全て市が担うものです。市民の払う地方税は市税(特別自治市税)に一本化されます。

 大阪都構想の「二重行政の解消」という目的は同じですが、大きな違いは警察権限なども移管し県からの独立を目指す点。この観点では市内選出の県議会議員のあり方と市議会議員の役割も大きく変わり、地方自治法改正が必要なため大きなハードルとなります。

 今年376万人に達した横浜市。特別自治市では行政区がそのまま存続するので、18区毎の区長公選なども検討の余地があります。この点は、急速に進む高齢化や公共施設の老朽化に伴う保全・更新の費用増大といった行政課題に対応する政治的責任を感じます。

 今のままではコロナ対策など国・県の財源に頼った事業も多く、横浜市にとって本当に必要な施策を進められません。真の必要性とは違う部分で施策・事業ができるか否かが決まるのです。

 真の地方分権の実現と地方税財源の充実、国・県・市の明確な役割分担で、市民にとっても分かり易い行政改革に向けて努力して参ります。

横浜市会議員 坂本勝司

〒244-0003 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町200-4

TEL:045-869-0702
TEL:045-864-8568

http://www.guts-sakamoto.com/

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ克服へ県は総力戦で挑め

県政報告 90

コロナ克服へ県は総力戦で挑め

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月21日号

国民の生命と財産を守るために

国政報告

国民の生命と財産を守るために

内閣官房副長官 衆議院議員 さかい学

1月7日号

小さな声を聴く力を大切に!

皆様の声をカタチに! 市政報告

小さな声を聴く力を大切に!

横浜市会議員 中島みつのり

1月1日号

果敢に挑戦する県庁であれ

県政報告 89

果敢に挑戦する県庁であれ

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月1日号

「脱炭素化」の大きなチャンス

元ワーキングママがゆく 39 市政レポート

「脱炭素化」の大きなチャンス

横浜市会議員 伏見ゆきえ

1月1日号

2021年のテーマは「些細」

横浜市会報告

2021年のテーマは「些細」

横浜市会議員 鈴木太郎

1月1日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

司法書士行政書士髙田秀子事務所

実績3,000件以上!相続の専門家が対応(045-410-7622)

https://www.takada-office.biz/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リモートで戸塚の天体観測

【Web限定記事】横浜の星空さんぽ解説

リモートで戸塚の天体観測

2月13日・20日 踊場地区センター主催

2月13日~2月20日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク