戸塚区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

横浜市会報告 「こどもハッシン・プロジェクト」始動 横浜市会議員 鈴木太郎

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena

 戸塚区にある東俣野特別支援学校には、人工呼吸器や喀痰吸引などの医療的ケアが必要な児童生徒が在籍しています。こうした子どもたちの生活向上に向けて設けられたのが「呼吸器生活向上委員会」です。鈴木太郎は顧問を仰せつかっています。委員会では、この度、「こどもハッシン・プロジェクト」を始動いたしました。

 これは、医療的ケアがあるこどもたちが主体となって活動(発進)するプロジェクトです。多様な個性を持つこどもたちが、それぞれの方法で「想い、願い、アイデア、疑問、意見」を伝えて(発信)いきます。そしてそのハッシンを受け止めたおとなたちは、一緒に考え、創造します。このプロジェクトでは多様な分野の方々と協同しながら、こどもたちがハッシンする機会を持続的につくり、支援。こどもたちには自分でハッシンした!ということを自信につなげ、新たな世界で可能性を広げていく力を得ることを願っています。

市庁舎を皆で見学ツアー

 第一弾として戸塚リビングラボのメンバーにもご協力いただき横浜市庁舎見学ツアーを実施しました。車椅子やストレッチャーが必要な医療的ケア児に市庁舎内を見学してもらいました。彼らにとって外出時に利用するエレベータは難題です。小さいと乗れないことがあるので行く前にエレベータの大きさを問い合わせる必要があります。高層の市庁舎のエレベータは十分な大きさで乗ることはできたのですが、他の利用者がいるために何度も見送らなければならないということがおきました。こうしたことは実際に足を運んでもらわなければわからないことです。ハッシンしたおかげで市職員も気づくことができました。

 今後、こどもハッシン・プロジェクトは、東京藝術大学の新井鴎子特任教授とヤマハ株式会社が進める指一本で豊かな演奏ができる「だれでもピアノ」の開発研究に参画します。こどもたちが特別研究員として研究に協力します。8月10日、11日には市役所アトリウムで本格的な実証実験を行います。

 医療的ケア児のハッシンをお手伝いをいただくボランティアを募集中です。ご興味のある方は鈴木太郎政策研究所(【電話】045・860・2564)までお問合わせを。

鈴木太郎政策研究所

横浜市戸塚区戸塚町4158 山一№2ビル203

TEL:045-860-2564
FAX:045-865-0337

http://www.suzukitaro.com/

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

わいせつ教員から子供たちを守れ

県政報告 95

わいせつ教員から子供たちを守れ

神奈川県議会議員 北井宏昭

6月17日号

上矢部町の不法投棄 撤去へ

皆様の声をカタチに! 市政報告

上矢部町の不法投棄 撤去へ

横浜市会議員 中島みつのり

6月17日号

希望する方に一刻も早くワクチン接種を

希望する方に一刻も早くワクチン接種を

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

6月3日号

リスクと正しく向き合う教育を

県政報告 94

リスクと正しく向き合う教育を

神奈川県議会議員 北井宏昭

6月3日号

ワクチン接種、早急な対応を

皆様の声をカタチに! 市政報告

ワクチン接種、早急な対応を

横浜市会議員 中島みつのり

5月20日号

「こどもハッシン・プロジェクト」始動

横浜市会報告

「こどもハッシン・プロジェクト」始動

横浜市会議員 鈴木太郎

5月13日号

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter