神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区版 公開:2021年9月30日 エリアトップへ

県政報告 100 コロナ対策の矛盾解消を 神奈川県議会議員 北井宏昭

公開:2021年9月30日

  • LINE
  • hatena

 近年の深刻な社会問題の一つが労働人材不足ですが、そこに追い打ちを掛けるようなコロナ対策に着目し、知事に質問趣意書で提言しました。

 雇用調整助成金等は、事業の縮小を余儀なくされた事業主が「一時的な雇用調整」により、雇用を維持させながら休業手当費用を助成する制度です。コロナ対策の影響で業績不振の事業者には、この制度で従業員を解雇させることなく、人材を確保出来るため、事業主は助かっています。

 この制度で守られた労働力は「休眠状態」にあります。コロナ禍で雇用状態をキープさせながら、コロナが過ぎ去るのをじっと待って、いずれ収束すれば、コロナ前の日常が戻るってくることが大前提の制度です。しかし今後の「新たな生活様式」で先行き不透明。

 相次ぐ変異株の発生もありコロナ禍の収束は、非常に複雑で判断が難しいとされています。収束の定義すら、明確に出来ないのが現状です。

休眠状態の労働力

 一方、R元年をピークに労働力人口の減少時代に突入したわが国では、人手不足により、建設業や運送業・介護福祉業等では、業績は良くても廃業をせまられる事業者も現れています。

 そんな中、本県におけるコロナ対策の雇用調整助成金等の支給決定件数は、合計で22万件余り。合計支給額は、県内だけで2069億4千万余円(本年9月10日時点)。

 県は、この助成金が適用された人数を把握していません。しかし、この支給額を1人/1日あたりの最大支給額1万5千円で割り、さらにその人数を最初の緊急事態宣言から約17ヶ月×毎月の就労日数25日で割ると約3万2千人。要するに、どんなに少なく見積もっても3万人分の労働力が1年半もの間、休眠状態でいることになります。

 もしも、この労働力が新たな就労先に移動すれば、人材難は解消。財政的にも公費の支出を抑制し、事業者も従業員も納税額が増えます。

 この支援制度の原資は公費ゆえに、社会全体の利益を考えなければなりません。だとすれば、休眠状態の労働力を人手不足にあえぐ業界に誘導出来れば、経済活性化にも財政的にも有益です。労働力の「休眠」ではなく「移動」を促すべき、と知事に訴えました。

北井宏昭

戸塚区戸塚町3870‐1

http://www.kitai-hiroaki.jp

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

グループホーム横浜名瀬・彩り

横浜市戸塚区名瀬町793−2 045-810-6868

https://www.gh-nase.com/

<PR>

戸塚区・泉区版の意見広告・議会報告最新6

横浜市議会新年度スタート!

「交通問題」にチームワークで取り組む

「交通問題」にチームワークで取り組む

衆議院議員 山崎誠

5月30日

引きこもり支援に新発想を

皆様の声がカタチに! 市政報告

引きこもり支援に新発想を

横浜市会議員 中島みつのり

5月30日

シニア世代の力を借りたい

県政報告 143

シニア世代の力を借りたい

神奈川県議会議員 北井宏昭

5月30日

チルドレン・ファーストで

チルドレン・ファーストで

横浜市会議員 ふもと理恵

5月23日

サンディエゴと姉妹都市70周年

横浜市会報告

サンディエゴと姉妹都市70周年

横浜市会議員 鈴木太郎

5月9日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook