戸塚区版 掲載号:2021年12月9日号 エリアトップへ

とつか歴史探訪 ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第72話〜道で見かける石仏・庚申塔:その2 青面金剛〜

掲載号:2021年12月9日号

  • LINE
  • hatena
阿弥陀如来の庚申塔寛文2年 舞岡
阿弥陀如来の庚申塔寛文2年 舞岡

 道教に由来する庚申信仰ですが、後の時代になると仏教や山王信仰が混淆し、江戸時代には庶民の間にまで広まりました。庚申塔には多様な形がみられますが、普通三猿(見ざる、聞かざる、言わざる)が刻まれます、これは「かのえさる」からの連想と、悪行を見ない・聞かない・言わないでほしいと言う願いを込めてのことだったのでしょう。正面には主尊といわれる神仏が刻まれており、初めの頃は阿弥陀如来などが主尊でしたが、元禄時代頃から青面金剛(しょうめんこんごう)が病魔退散を願って祀られ、庚申待ちの無病息災・延命の祈願と結びつき主流となります。

 戸塚区内の青面金剛の庚申塔としては、冨塚八幡宮の寛文11年(1671)銘のものが最も古く"はしり"といえます。青面金剛は通常忿怒の相を表わし四臂や二臂のものもありますが、多くは六臂(ろっぴ=腕が6本)で手には弓矢や密教の道具などを持った姿をしています。邪鬼を踏みつけていることが多く、「怖い」イメージの神様といってよいでしょう。庚申塔には主尊と三猿のほかに日・月と鶏が彫られているのが普通です。日・月は夜から朝までを意味しますし、鶏も「さる」の翌日の「とり」で、徹夜の行事を暗示しています。江戸時代も後期になると、彫像の代わりに簡略化され「庚申塔」や「青面金剛」などの文字だけを彫った文字塔が多くなります。

青面金剛の庚申塔寛文11年 富塚八幡宮
青面金剛の庚申塔寛文11年 富塚八幡宮

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

立憲民主党第5区総支部

事業復活支援金の受付が始まります

http://www.yamazakimakoto.jp

<PR>

戸塚区版のコラム最新6

とつか博士のわが街クイズ Vol.4

とつか博士のわが街クイズ Vol.4

協力:とつかお結び広場運営委員会

1月27日号

とつか歴史探訪

第74話〜頼朝の遺髪と平戸白旗神社〜

とつか歴史探訪

■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜

1月20日号

とつか博士のわが街クイズ Vol.3

とつか博士のわが街クイズ Vol.3

協力:とつかお結び広場運営委員会

1月20日号

とつか動物園コーナー Vol.17

とつか博士のわが街クイズ Vol.3

とつか博士のわが街クイズ Vol.3

協力:とつかお結び広場運営委員会

1月13日号

俣野別邸庭園 花だより Vol.2 

俣野別邸庭園 花だより Vol.2 

ソシンロウバイ 1月下旬まで見頃

1月13日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。新年から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook