神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区・泉区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

矢部町のマンション 拠点と支援物資運搬 訓練 区内初 防災の取組み強化

社会

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
集会室に支援物資を用意した
集会室に支援物資を用意した

 矢部小学校地域防災拠点運営委員会(渡辺敬昭委員長)が1月27日、矢部町にあるマンション「ファミール戸塚ブランニュー250」と防災訓練を行った。住民が同拠点で支援物資を引き取り、マンション内で手渡すまでの流れを確認した。区内の地域防災拠点では初の取り組み。

収容人数は限定的

 大震災が発生した際、住民の避難場所になるのが地域防災拠点。しかし、収容できる人数は限られている。渡辺委員長によると、同小地域防災拠点に収容できるのは60人〜70人。しかし当該エリアには約1万人が住んでいるという。「自宅避難ができた場合も、拠点で万単位の住民にどうやって支援物資を渡していけばいいのかなど、見えていないことは多い」と話す。

 今回の訓練はこうした課題を持つ渡辺委員長が、同マンションの自治会長であることもあり、戸塚区と連携をしながら実施に至ったもの。

集会室で配布

 当日はマンション住民約30人が参加。デジタル簡易無線で拠点と連絡を取り合いながら、支援物資の必要数の調査をし、実際に車で飲料水や食料を拠点に受け取りに行き、マンション内の集会室で配布するまでの流れを確認した。このほか拠点では、体育館でブルーシートを敷き区画の確認、段ボールベッドの組立、屋外で「はまっこトイレ」の設置など、通常の訓練も行われた。

市の認定制度取得

 ファミール戸塚は、防災に特化する組織を設置。部屋番号、代表者氏名、食料必要数、支援の要否などを記入できる「支援物資調査票」も用意しており、昨年12月、市から防災力向上に意欲的に取り組むマンションを認定する制度にも選出されている。

 渡辺代表は「今回の訓練は課題を洗い出すために行った。まだまだ精度を上げていかなければいけない」と語る。

 区担当者は「戸塚区は、自宅が火災で消失せず、倒壊の恐れがない場合は在宅避難を呼びかけている。こうした先駆的な取組を他のマンションにも広めたい」と話す。

戸塚区・泉区版のローカルニュース最新6

齊木看護部長が県看護賞

ゆめが丘総合病院

齊木看護部長が県看護賞

がんセンターなどで功績

6月16日

未就園児親子が集える場 開設

横浜市東戸塚地域ケアプラ

未就園児親子が集える場 開設

毎月第1木曜日

6月16日

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

横浜市教育委員会が「子どもアドベンチャーカレッジ」

6月15日

認知症の人の世界を知ろう

泉公会堂

認知症の人の世界を知ろう

7月6日 講演会

6月15日

横浜市26万人の児童・生徒の学習データを収集・活用する学習ダッシュボードを運用開始

横浜市会・鈴木太郎議長が初の「定例会報告」

平成横浜病院

横浜市の健診・検査

https://yokohamahp.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook