神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区・泉区版 公開:2024年3月28日 エリアトップへ

東俣野町の農園で多世代コミュニティーの形成を目指す 青葉 裕子さん 東俣野町在住

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena

交流生む新拠点目指す

 ○…自分の名前を冠した「あおば翡翠農園」で、有機栽培に注力しながらいよいよ畑を本格的に稼働させた。3月初旬にはビーツやねぎの種まきを終え、夏野菜の苗植えも間近だ。最終目標は、農園を拠点とした多世代コミュニティーの形成。「大人が楽しくやっていれば、子どもも楽しめるはず」と、収穫体験や自然素材を使用したワークショップの企画などを模索し、奔走する。

 ○…大卒後、IT系企業に20年ほど勤めてきたが、夜勤や緊急での仕事も多く「なんか違うなとずっと思ってきた」。忙しい日々の癒しは、休日に手伝う母の小さな畑。「自分もレンタル畑を始めると、収穫物にみんな喜んでくれて。こっちの方がいいかな」と気づき、退職を決意。就農者育成・支援を行う学校に一年間通い、昨年8月、新規就農者が公的に認められる農家資格を取得。区内の市民農園園主・北村豁さんの協力で、約500平方メートルの畑から第二の人生を歩み始めた。

 ○…知識を生かし、南区の小学校で栽培指導員としても活動中。栽培から販売、お金の管理まで行う児童の熱意に「私の畑で農業教育や食育が1年間通してできれば」と新たな夢も芽生えた。隔てなく多くの人に食べてほしいという思いと、環境への配慮から、無農薬を軸に据える。「規格不良や虫食いも多く大変だけど、有機野菜があたりまえになればいいな」

 ○…就農後は趣味の旅行にも行けていないが「今、楽しいです」と農園を眺め一言。栽培方法を試行錯誤する毎日が「性に合ってるのかな」と笑う。旅行先のアイルランドで見た、老若男女が歌とダンスで楽しく交流する様子を、農園で実現するには「作物販売など、農業が経済的に成立する必要がある。今年が勝負」と力を込めた。

戸塚区・泉区版の人物風土記最新6

小檜山 ルイさん

フェリス女学院大学で今年4月から学長を務める

小檜山 ルイさん

都筑区在住 66歳

5月16日

阿部 英弥さん

この春から泉消防署の署長に着任した

阿部 英弥さん

和泉中央北在勤 49歳

5月9日

河野 宏紀さん

4月から戸塚消防署の署長に着任した

河野 宏紀さん

戸塚町在勤 53歳

5月2日

永吉 和弘さん

この春から戸塚警察署署長に着任した

永吉 和弘さん

戸塚町在勤 54歳

4月18日

小山内 章さん

この春から泉警察署の署長に着任した

小山内 章さん

泉区和泉町在勤 54歳

4月11日

原 恒夫さん

さくらプラザでモザイクアートの40回目記念展示を行う

原 恒夫さん

戸塚区戸塚町在住 84歳

4月4日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook