神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区・泉区版 公開:2024年4月11日 エリアトップへ

この春から泉警察署の署長に着任した 小山内 章さん 泉区和泉町在勤 54歳

公開:2024年4月11日

  • X
  • LINE
  • hatena

住民目線で「多角的に」

 ○…この春の人事で泉警察署の署長に。直前は県警本部の生活保安課長として風俗事案を担当。三崎署の副署長なども歴任したが、初の署長職に身を引き締める。「住民目線が大事。警察が独りよがりにならないよう、住民が求めているものは何かを追求したい」。署員に呼びかけたのは「その場で咲きなさい」。警察官としての活躍がそのまま地域の安心につながることを改めて伝えた。

 ○…泉区の印象を「地域の安全安心のために活動する各団体のみなさんが活発」と語る。地域の治安維持のためには、警察のみならず住民の協力が欠かせず、心強く感じている。少し区内をまわってみてもパトロールしている人や団体を見かけると言い、「こういった活動が継続しているのは素晴らしいこと」と目を細める。

 ○…青森県弘前市出身。高校生の頃に「人のために働きたい」と警察官を志し、地元を離れて神奈川に。当初は「電車の本数も違う。上りと下りを間違えちゃったことも」と苦笑して明かす。県警では横浜市内や川崎、横須賀の各署のほか本部勤めが長く、各部署を渡り歩いた。その中で得たのが「多角的な視点」という。「物事は上から下から、右から左から、表から裏から、見方により見え方が変わる」。特殊詐欺についても「見かけの件数以上に被害があるかもしれないと考えることが必要」と警戒を強める。

 ○…2人の娘が幼い頃はよく海辺などでも遊んだが、成人してからは「さっぱり」とさみしげ。今は官舎に単身赴任で「趣味の釣りに行くわけにもいかないので、家庭菜園でも始めようかな」。泉区はゆめが丘の大規模施設の開業も夏に控える。「多くの人が来るまちにもなる。住みよいまちを維持したい」

戸塚区・泉区版の人物風土記最新6

小檜山 ルイさん

フェリス女学院大学で今年4月から学長を務める

小檜山 ルイさん

都筑区在住 66歳

5月16日

阿部 英弥さん

この春から泉消防署の署長に着任した

阿部 英弥さん

和泉中央北在勤 49歳

5月9日

河野 宏紀さん

4月から戸塚消防署の署長に着任した

河野 宏紀さん

戸塚町在勤 53歳

5月2日

永吉 和弘さん

この春から戸塚警察署署長に着任した

永吉 和弘さん

戸塚町在勤 54歳

4月18日

小山内 章さん

この春から泉警察署の署長に着任した

小山内 章さん

泉区和泉町在勤 54歳

4月11日

原 恒夫さん

さくらプラザでモザイクアートの40回目記念展示を行う

原 恒夫さん

戸塚区戸塚町在住 84歳

4月4日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook