神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区・泉区版 公開:2024年4月25日 エリアトップへ

県政報告 142 問題の本質に踏み込もう 神奈川県議会議員 北井宏昭

公開:2024年4月25日

  • X
  • LINE
  • hatena

 県教育委員会は毎年、児童・生徒の問題行動などの結果を概要として報告していますが、内容に違和感があります。

 例えば『暴力行為の要因』については「粗暴的な性格」「規範意識が低い」「人間関係をうまく構築できない」「非行グループとの繋がりがある」等が記載されています。また『不登校の要因』は「無気力、不安」「生活のリズムの乱れ、あそび、非行」「学業の不振」とされています。

 しかし、これらは要因ではなく、その時の『状態・状況』です。要因とは、物事を発生させることになった主要な原因のことであり、子供たちがそのような状態・状況に至ることになった原因・事象を指すものです。そして問題解決には、その要因を明らかにすることが重要になります。

 そこで教育長に対し、教育の課題・問題を縮小・解決させるにあたり、その『要因』を明らかにする作業を進めるよう提言しました。

対症療法に限界

 もしも、子供を守るための児童相談所や、非行や犯罪に対応する警察組織が不要な社会になれば、それはより良い社会になったことだと考えます。しかし、それらが必要な社会課題は増加・拡大し、行政対応と機能強化が求められています。

 またその大半は医療で言う対症療法であり、表面化している症状を緩和・痛みを和らげるだけで根本治癒には至りません。それゆえ対症療法的な事業は年々拡大し、その予算も拡大します。

 行政機能の持続可能性を鑑みて、課題や問題を根本治癒させるための「原因療法的な事業」の拡大は論をまたない、と知事に具申しました。

北井宏昭

戸塚区戸塚町3870‐1

TEL:045-871-5454

http://www.kitai-hiroaki.jp

戸塚区・泉区版の意見広告・議会報告最新6

横浜市議会新年度スタート!

「交通問題」にチームワークで取り組む

「交通問題」にチームワークで取り組む

衆議院議員 山崎誠

5月30日

引きこもり支援に新発想を

皆様の声がカタチに! 市政報告

引きこもり支援に新発想を

横浜市会議員 中島みつのり

5月30日

シニア世代の力を借りたい

県政報告 143

シニア世代の力を借りたい

神奈川県議会議員 北井宏昭

5月30日

チルドレン・ファーストで

チルドレン・ファーストで

横浜市会議員 ふもと理恵

5月23日

サンディエゴと姉妹都市70周年

横浜市会報告

サンディエゴと姉妹都市70周年

横浜市会議員 鈴木太郎

5月9日

平成横浜病院

横浜市の健診・検査

https://yokohamahp.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook