金沢区・磯子区版 掲載号:2011年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川県アマチュアゴルフ選手権で初優勝し、キヤノンオープン2011に出場する 青木 龍一さん 富岡西在住 23歳

「目立ちたい」が原動力

 ○…「ゴルフ自体は好きじゃない」といって、はばからない。ただ大会の雰囲気やギャラリーの歓声は格別だとも。「目立つことが好きなんです」と屈託なく笑う。今年の神奈川県アマチュアゴルフ選手権で初優勝。きょう10月6日から始まるキヤノンオープンに出場する。「戸塚カントリーは得意なコース。出場するからにはトップを目指す。できちゃう気がするし」。持ち前の”ビッグマウス”を交え、意気込みを示す。

 ○…3歳で父親と行った練習場で、ゴルフに出会った。中でも夢中になったのが、海外旅行でコースに出た時にだけ乗ることができる「ゴルフカート」。「ドライバーを飛ばせば飛ばすほど、長く乗っていられるのが楽しくて」と振り返る。スポーツ万能だった少年にとって、ゴルフは他のスポーツと同じ「遊び」の1つ。だが小6の時、初めて大会で惨敗してから意識が変わる。「負けず嫌い魂がでた」。次は絶対に勝つと決め、わずか3ヵ月後に関東大会で優勝するまでになった。

 ○…夢はレーサーだっただけに、18歳で免許をとってからは、ますます車の世界への憧れは膨らんでいく。車のレースに頻繁に出るようになり、その分ゴルフからは遠のいていった。しかし心から尊敬し「兄貴」と慕う、スーパーGTのレーサー・谷口信輝選手の一言がゴルフの世界へ引き戻す。「おまえはゴルフで頑張れ。おれは車で頑張るから」。谷口選手に認められたい―その一心で、再び真剣にゴルフと向き合う決心をする。

 ○…賞金王など大きな目標を語る一方で、冷静に現在の自分に足りないものも見つめている。「技術はまだまだ。体も細いので、もっと追い込んで作らないと」。今年3度目になるプロテストには「準備もしてきたし、いけると思う」と自信も覗かせる。「早く有名になって谷口さんに”どうよ”っていいたい」。根っからの「目立ちたがり屋」の本当のゴルフ人生はまだスタートしたばかりだ。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

小島 信博さん

磯子区太極拳協会会長として普及活動に力を入れる

小島 信博さん

2月1日号

小竹 一臣さん

お米マンプロジェクトの代表で子どもたちへの食育に力をいれる

小竹 一臣さん

1月25日号

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク