金沢区・磯子区版 掲載号:2012年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

記者が訪ねる かなざわの名刹 第16回 高栄山宝樹院

 大道小学校の奥、急な階段を上りきった丘に、この寺は立つ。かつて三艘(さんぞう)(現六浦南)にあったが、火災で焼失し、江戸時代の初めに大道に移ったという。

 本堂の隣にある阿弥陀堂には、県重要文化財の「阿弥陀三尊像」が安置されている。付近に存在した「大道山常福寺」の本尊を移したものだ。像高84・5センチとやや大きめの中尊像は、僅かに笑みをたたえながらも、凛々しい顔立ち。平安末期の作とされる。

 前述の常福寺は、規模の大きな伽藍(がらん)を持ち、交通の要衝であった大道一帯を領地としていた。鎌倉時代には門前に関所が設けられ、称名寺の造営費用に充てるために通行料を取った記録もあるという。時代が下るにつれ衰微し、明治時代には廃寺となったが、三尊像が歴史を今に伝えている。

 入住して12年の28世・豊田祐爾(ゆうじ)住職は、「微力ながら、寺をしっかり護っていきたい。伝統や信仰を次の世代へ引き継ぐことが、私の小さな願いです」と話していた。

【本尊】大日如来

【宗派】真言宗御室派

【住所・電話】金沢区大道2の7の1 【電話】045・781・0382

(資料・金沢区仏教青年会

「かなざわ霊場めぐり」1994年)
 

平安末期作の阿弥陀三尊像
平安末期作の阿弥陀三尊像

金沢区・磯子区版のかなざわの名刹最新6件

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

5月16日号

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

5月2日号

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

4月18日号

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

3月21日号

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

3月14日号

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

2月21日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク