金沢区・磯子区版 掲載号:2014年1月30日号
  • googleplus
  • LINE

63代目の理事長として横浜青年会議所の舵を取る 齋藤 貢一さん 磯子区在住 36歳

地域を照らす「光明」に

 ○…340人を超す若手経済人の団体「横浜青年会議所」(以下、横浜JC)。そのまとめ役として「私たちの活動の原点は、一人ひとりがいかに修養を積むことができるか、そこにかかっています」と語る。任期は一年、その眼差しからは自信がみなぎる。

 ○…今年度のテーマは「光明」。「真っ暗なトンネルを車で走っているとしたら、何キロでているのか、いつ壁にぶつかるのかもわからない」。だからこそ、進むべき先を示す一筋の「光明」が重要だと強調する。横浜JCは横浜開港祭をはじめ行政と協力する「はまっ子スクール」など一年を通して様々な事業を展開する。「メンバーが事業に取り組む中で将来への希望、つまり光明を見つけることができるか、そのためにまずは自分が変わることが必要」と話した。そして、メンバーが光明となり地域を照らすことを願う。

 ○…28歳で入会した。「ふた回りほど離れたJCのOBから、『5年くらい雑巾がけしてこい』と言われて」と振り返る。いざ活動を始めると、「先輩方が、まちづくりや社会に対しての意識が高くて驚いた」と話す。これまでにない経験は、苦労も多かったが「自分を成長させてくれた」

 ○…川崎市の溝口出身、十代のホームグラウンドは渋谷だった。アルバイト先の飲食店で現場を任され才覚を発揮、売上はうなぎ登りに。そんな中、常連客の紹介で建設の仕事に関わる機会を得た。それが運命の出会いとなり、今では磯子区に本社を構え20人超の社員を擁する建設会社の社長に。「技術を売る会社。ですから品質にはこだわっています」。家庭では2人の息子と「週に1回は出かけます」と子煩悩な一面も。

 ○…「私たちはあくまでも経済人。ひとづくりが、まちづくりにつながると信じて、詰まる所どう生きるのかを考える場にできれば」と言葉に力がこもる。そう、JCは人生の道場でもあるようだ。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

小島 信博さん

磯子区太極拳協会会長として普及活動に力を入れる

小島 信博さん

2月1日号

小竹 一臣さん

お米マンプロジェクトの代表で子どもたちへの食育に力をいれる

小竹 一臣さん

1月25日号

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク