金沢区・磯子区版 掲載号:2014年7月17日号 エリアトップへ

5月から金沢区民文化祭実行委員会の委員長を務める 三浦 正雄さん 富岡西在住 84歳

掲載号:2014年7月17日号

  • LINE
  • hatena

喜び共有する文化祭に

 ○…「金沢区民文化祭は自分にとって今、一番大切なんです」と力を込める。初めて文化祭に参加してから11年。「裏方を続けてきて、参加者や見に来てくれた人から、『よかったよ』『楽しかった』と声をかけられることが何より嬉しい」と目を細める。文化祭は「発表する喜び」と「それを見る喜び」の2つの喜びを共有する場と考える。だからこそ、より多くの人の参加と来場を募り、「区民のお楽しみ」を深めたいと願う。。

 ○…少年時代はガキ大将で、「みんなを集めて何かをするのが大好き」だった。高校生の時、持ち前の行動力を発揮し同級生3人と「青少年育成活動」を開始。巡回子ども会として日曜日になると、警察署から借りた紙芝居や自分たちで作った人形劇で、小学生を楽しませた。やがて活動は広がり、PTAも協力してくれるまでに。「今から思えば、怖いもの知らず。でしゃばりだったんですね」と苦笑いする。活動は引っ越しをする大学4年まで続いた。

 ○…絵画を本格的に始めたのは、60代後半になってから。区が主催する絵の教室に通い始めたのがきっかけだった。「すぐ上の兄が絵描きを目指していたこともあり、興味はあった。小さい頃から得意だったし」。今でも精力的に作品を創作し、毎月1回はどこかの展示会や作品展で発表している。「絵は自分だけの世界に入れるからいい」。時には熱中し過ぎて「やり過ぎ」と妻に怒られることも。「でも辞めたらおかしくなっちゃうよ。根っから絵がすきなんだろうな」と笑う。

 ○…これと決めたら夢中になってしまう性格は今も変わらない。昨年は猛暑の中、区内の公共施設や商業施設を1件1件訪ね、文化祭のポスターを貼ってくれるよう依頼して周った。「周りが見えなくなるのが僕の欠点かな」。創作活動と文化祭の準備に忙しい毎日だが、落ち着いたらやりたいことがある。「いつか金沢区の美術関係の歴史を活字として残したい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

有希乃(ゆきの) 路央(じお)さん

磯子まつりミュージックステージに出演する歌手

有希乃(ゆきの) 路央(じお)さん

磯子区岡村出身 22歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区釜利谷在住 45歳

9月19日号

佐伯 光茂さん

10月からシドニー総領事館公邸料理人となる

佐伯 光茂さん

金沢区釜利谷東在住 64歳

9月12日号

若栗 恭子さん

NPO法人こころの電話金沢の理事長を務める

若栗 恭子さん

金沢区釜利谷東 68歳

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク