金沢区・磯子区版 掲載号:2014年12月25日号 エリアトップへ

サンタが小児科病棟 訪問 入院患児にプレゼント

掲載号:2014年12月25日号

  • LINE
  • hatena
プレゼントを手渡すサンタクロース
プレゼントを手渡すサンタクロース

 「入院中の子どもたちにもクリスマスを楽しんで欲しい」――。そんな思いから、横浜金沢マリーンライオンズクラブと横浜小児ホスピス設立準備委員会は12月18日、フィンランドのサンタクロース財団公認のサンタクロースを招き、横浜市立大学附属病院の小児科病棟を訪れた。

 同附属病院の小児科病棟にはクリスマスを病院で過ごさなければいけない子どもたちが30人以上、入院している。参加メンバーは感染症対策のため、手洗いをうがいを済ませた上、マスクを着用。最後にアルコール消毒をして病棟を訪れた。プレゼントはクレヨンや文房具など患児の年齢に合わせ3種類を用意。サンタクロースは1人ひとりの病室を見舞い、「メリークリスマス」と言いながらプレゼントを手渡しして回った。子どもたちは手を振って大喜び。「大きくてびっくりした」「おひげがたくさん」「今度はいつきてくれますか?」などと感想を話した。

 小児科病棟の竹井陽美看護師長は「子どもの笑顔がキラキラ輝いていて良かった。辛い治療の励みになったのでは。毎年続いてくれれば」と話した。

 「実現するまでに2年かかった。子どもたちの笑顔を見て、やって良かったと思う」というのは同LC(ライオンズクラブ)の岩崎貴裕さん。今年からサンタクロースを呼ぶ事業を手掛けている。「自分一人では何もできなかった。協力して下さったみなさんに感謝したい」と話す。

 「子どもたちが心から喜んでいる姿を見て、涙が止まらなかった」というのは同準備委員会のメンバーでスマイルオブキッズの田川尚登代表理事。同準備委員会は現在、金沢区に小児ホスピスを設立するための準備を進めている。「金沢区は横浜市内でも自然に恵まれた環境がある。行政にも働きかけて、ぜひ実現していきたい」としている。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「ちょこっとボラ」設立

磯子地区

「ちょこっとボラ」設立 社会

地域の支え合い築く

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

地域交通で移動支援

金沢区富岡西地区

地域交通で移動支援 社会

実用化見据え、利便性拡大

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

防災拠点に2施設確保

汐見台自治会連合会

防災拠点に2施設確保 社会

県団地住宅福祉協会と協定

10月8日号

ママ夢ラジオ実現 後押し

杉田在住あやかさん

ママ夢ラジオ実現 後押し コミュニティ文化

16・17日、Zoomで初イベント

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク