金沢区・磯子区版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

句集「みどり書房」を発表した 森島 裕雄さん 能見台通在住 67歳

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena

俳句の魔術に捕らわれて

 ○…かつて京急能見台駅前にみずから開いていた書店の名を、句集のタイトルにした。書店に立ち寄る横浜高校の生徒や能見台住民とのふれあいや、閉店に追い込まれる状況、そして54歳にして飛び込んだ「営業マンの世界」の厳しさを17字で表している。

 ○…俳句を始めたきっかけは、横浜高校教諭だった俳人の今井聖さんに出会ったこと。「これが俳句なの?」というのが、今井さんの句を初めてみた時の感想だった。「俳句なんてジジくせえと最初は思っていた。でも先生の俳句は違っていた」。私的な経験をありのままに詠んで良いという考え方に共感。しかし「簡単じゃなかったね」と笑う。意気込んで詠んだ句が全く評価されない。一方で何気なく読んだ句のほうが、評価されることが多いという。「解釈は読み手に任せてしまえばいいと知った。それが面白いところ」

 ○…「レジ台に電動鋸の刃入りぬ寒」。25年の間毎日座ったレジ台は、解体業者に頼むこともせず、涙を流しながら自らの手で破壊した。時代の流れに抗えず、区内の個人書店ではいち早く廃業を決意。「裏切り者扱いもされた。辞めることがここまでエネルギーが必要だとは」。そしてほどなく住宅設備会社の営業マンへと転身した。300件訪問し1件から見積りを依頼されれば「万々歳」という世界。代えがたい契約の喜びを「白板に『契約』の二字冬銀河」と詠む。多忙を極める中、こうした句を読み返すことで自分自身が救われた。それこそが「俳句の魔術」なのだという。

 ○…今年2月、住宅設備の会社を立ち上げた。「67歳からのスタート。この仕事はしばらく続けたい」と意気揚揚だ。今井さんを講師に迎えて立ち上げた句会は20周年を迎え、自身の俳句人生も20年となった。「もちろんこれからも続けるつもり。俳句三昧とはならないけれど」。誰にも詠まれたことのない「自分の一句」を求める。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

山崎 美奈子さん

監督・音楽を手がけた音楽劇「一獣一彩」を6月26日にあーすぷらざで公演する

山崎 美奈子さん

金沢区釜利谷南在住 41歳

6月17日号

久保田 顕さん

磯子区こども食堂ネットワークやキッズカフェ杉田の代表を務める

久保田 顕さん

磯子区中原在住 41歳

6月10日号

小池 護さん

金沢区スポーツ推進委員連絡協議会の会長に就任した

小池 護さん

金沢区柳町在住 66歳

6月3日号

宮澤 章さん

岡村地区連合町内会の会長に就任した

宮澤 章さん

磯子区岡村在住 74歳

5月27日号

北見 美佳さん

金沢八景駅前の8KギャラリーAで絵本の原画展を開く

北見 美佳さん

氷取沢高校出身 34歳

5月20日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter