金沢区・磯子区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

大判カメラを使った銀塩白黒写真の個展を初開催する 長谷川 登さん 乙舳町在住 64歳

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena

白黒は「色からの解放」

 ○…大判カメラのシャッターを切ると「ジィー」と重い音が鳴る。「1秒くらいのシャッター音が好き」。銀塩写真が写しだす世界に魅了され30年以上が過ぎた。「今はデジタルが主流だが、フィルムのプリントには奥行きがある」。今では希少となった大判カメラが可能にする白黒のなめらかな表現を味わってほしいと、自身初の個展開催を決めた。

 ○…生まれも育ちも野島。関東六浦中3年の時にカメラを手にした。「修学旅行のための記録用。その後中断していた」と笑う。だがフィルムの白黒写真は自然に意識に植えられた。再開したのは県庁入庁後。大判カメラを始めた1982年頃は、仕事が終わると深夜0時に中央高速を飛ばし長野や新潟に向かった。狙うのは早朝の横から差し込む光。15kgほどのカメラを背負い、山中や川沿いに踏み入ることも。だが貴重なフィルムゆえシャッターは「ここぞ」の時のみ切る。「一期一会ですから」と笑顔をたたえる。

 ○…写真館で撮影した甥の白黒写真の衝撃を今でも覚えている。白と黒の間にある無限の色。その表現力。「白黒写真は色からの解放」と目を輝かせる。10年ほど前からは白黒一本。空の白や建物の白、光の白――質感や表情に合う白色を探し検証してから撮影に入るこだわりようだ。現像も自宅の暗室で行う。条件を計算し、現像液から像が浮かび上がる瞬間に胸が躍る。「プリントまで自分でできるのが白黒写真の面白さ。表現は無限大です」

 ○…「とにかく野島が好き」と微笑む。幼少期に野島山から見下ろした埋め立て前の平潟湾が懐かしい。「あの風景は撮っておきたかった」。これからは古くから残る木造建築の美しさを撮影し、残していきたい。これまでゆうに1000以上、風景や建造物をフィルムに焼き付けてきたが「会心の一枚はない」と言う。「だからまだまだ追いかけるんでしょうね」。シャッターの快音がきょうも響く。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

横浜市内在住 55歳

9月23日号

岡本 富夫さん

氷取沢市民の森愛護会の会長として、農業専用地区でコスモスを育てる

岡本 富夫さん

磯子区氷取沢町在住 75歳

9月16日号

田川 尚登さん

NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトの代表理事を務める

田川 尚登さん

横浜市在勤 62歳

9月9日号

村上 悠緋さん

2023年シーズンからJリーグの横浜F・マリノスへの加入が決まった

村上 悠緋さん

関東学院大学3年 20歳

9月2日号

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

アイロンビーズ作家として本を出版した

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

磯子区杉田在住 36歳

8月26日号

坂爪 正博さん

磯子区消費生活推進員の代表を務める

坂爪 正博さん

磯子区坂下町在住 70歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook