金沢区・磯子区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

親と子のつどいの広場 「夢たま」丸山に開所 磯子区で5カ所目

社会

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena
夢たまのスタッフ(右は時任代表)
夢たまのスタッフ(右は時任代表)

 未就学児と保護者を対象とした「親と子のつどいの広場」。磯子区内では5カ所目となる「夢たま」が3月14日、丸山に開所した。21日のオープニングセレモニーでは、新たな子育て支援拠点に期待する声が聞かれた。

 夢たまを運営するのは、NPO法人夢・コミュニティ・ネットワーク(時任和子代表)。同NPOは、2012年から磯子区中原でつどいの広場「夢ひろば」を運営しており、区内で2カ所目の開設。夢ひろばでは、親子が気軽に集える場として、絵本の読み聞かせやリズム体操、ベビーマッサージなどのプログラムを実施。子育て中の母親が交流するきっかけづくりに取り組んでいる。

 また、2006年から5年間、丸山で「地域元気づくり支援拠点」を運営。七夕まつりやハロウィーンイベントを行い、周辺学校の児童らと地域を紹介する映像を制作するなど、地域と連携したにぎわいづくりを行ってきた。夢たまでは、夢ひろばや地域元気づくり支援拠点での経験、実績を活かした子育て世代への支援を展開していく考えだ。

地域課題を解消へ

 今回開設する丸山周辺の滝頭・岡村地区には子育て施設や公共施設が少ないなどの地域課題があった。21日のセレモニーでは滝頭地区連合町内会の林貞三会長があいさつで「地域の念願だった交流の場ができたことは本当にうれしい」と話すなど地域からは施設へ期待する声が聞かれた。時任代表は「この施設は子育て支援がメインテーマだが、この場を中心に地域の活性化に寄与できるように活動していきたい」と話した。

 「親と子のつどいの広場」は、横浜市の補助事業。主に0歳から3歳の未就学児と保護者を対象にNPO法人などが運営。市内には、金沢区4カ所を含む57カ所(2017年3月現在)が開設されている。

 夢たまの利用方法などは、同施設【電話】045・342・7879へ。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク