金沢区・磯子区版 掲載号:2017年9月14日号 エリアトップへ

物語でめぐるわが街 『ビブリア古書堂の事件手帖5』著・三上延 KADOKAWA文・協力/磯子図書館

掲載号:2017年9月14日号

  • LINE
  • hatena
作中に出てくる浜マーケット
作中に出てくる浜マーケット

 『ビブリア古書堂の事件手帖』は、北鎌倉の古書店の若き女主人栞子さんが、古書についての豊富な知識と想像力で、本をめぐる謎を解き明かしていく話です。この5巻の第二話「手塚治虫 『ブラックジャック』(秋田書店)」は、磯子区が重要な舞台になっています。

 栞子さんは親友に、後輩からの相談にのるよう頼まれます。女子高時代の後輩菜名子の相談は、父が大切にしていた蔵書の『ブラックジャック』4巻を弟が持ち出してしまったという話でした。菜名子の一家が住むのは洋光台で、もう一つの重要な場所は磯子の浜マーケットのそば、国道沿いにあると作中に設定された書店「鶉(うずら)書房」です。

 菜名子の母は5年前に癌で亡くなりましたが、危篤になり父が弟を迎えに行ったとき、父は途中で弟を待たせ書店に寄り、自分がすでに持っている『ブラックジャック』4巻を買いました。到着したとき母の意識はなく、弟は父に反感を抱きます。その書店が「鶉書房」です。

 栞子さんは手元に戻った本の様子と、姉弟の祖母から聞いた話から、「鶉書房」の謎を解き、父がなぜその時、わざわざ本を買ったのかを推測します。

 彼女が明らかにする事実は、初めて両親の過去を知った姉弟にだけでなく、読者の胸にも響きます。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月17日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月3日号

「前を向き、必ず復旧へ」

台風15号 現場の声 (有)マルニ商店 寄稿

「前を向き、必ず復旧へ」

10月3日号

美女に例えた花も臭いは悪臭

金子さんの草花の不思議発見!第34回オミナエシ

美女に例えた花も臭いは悪臭

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月3日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月26日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク