金沢区・磯子区版 掲載号:2017年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

磯子区 休日急患診療所が移転へ 来年4月 警察署隣りに

社会

完成イメージ図(上)と移転場所
完成イメージ図(上)と移転場所
 磯子区休日急患診療所(磯子区滝頭2の31の6)が来年4月をめどに磯子警察署隣りに移転することがわかった。現診療所は、築約40年で老朽化が進んでいることが主な理由。今月から着工に入り3月中旬完成の予定だ。

老朽化で水漏れ

 同診療所は、1978年3月、滝頭に開所。地上3階建てで1階が休日急患診療所、2階は医師会事務所、3階は磯子区訪問看護ステーション、在宅医療連携拠点相談室「かけはし」が入る。休日急患診療所は、日曜日・祝日に一次急患の担い手として運営してきた。来年3月まで同診療所で対応する。一方で、築40年近くが経った現建物は、昨年水漏れが発生し、水道ポンプが故障するなど老朽化が進んでおり、バリアフリー化が未対応で課題となっていた。さらに、現在地は奥まった場所にあり、専用道路が狭いため対面通行ができず「施設がわかりにくい」と利用者から声が上がっていた。

新たに感染症室

 移転場所は、磯子警察署隣り(磯子区磯子1丁目1の126他)の市有地。鉄骨2階建てで延床面積609・22平方メートル。1階が休日急患診療所、2階に医師会事務所、訪問看護ステーション、在宅医療連携拠点が入る予定。現建物では、感染症の流行期には待合室に患者があふれ、外で待機する人もいたことから、診療所の待合室を広くした設計に。インフルエンザやノロウイルスなどの感染症に対応するため、新たに感染症室を完備した。

災害時連携を強化

 同診療所は災害時、医療救護拠点の役割を担う。移転後は、向かいが消防署となり、区役所も近くなることから情報収集がよりしやすくなるメリットがあげられる。

 磯子区医師会の山高民樹会長は「移転することにより場所もわかりやすくなり、利便性もよくなる。災害時には患者の搬送状況などの情報共有がしやすくなり、これまで以上に区役所や消防署などと連携が図れるのではないか」と話している。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク