金沢区・磯子区版 掲載号:2017年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

横浜八景島で開催される「横浜金沢クラフトビールandグルメフェスタ」の発起人 藤井 秀人さん 金沢区高舟台在住 54歳

進化し続けるイベントに

 ○…「ひとり一人の市場(マーケット)は狭くても、仲間と創造した市場はすたれない」。他地方でビールフェスタの成功例を目の当たりにし、自身の地元でも開催を目指してきた。「イベントはやり続けると進化していく。何年かかけて大きな市場に育てていきたい」。そのためにはどうしても今年、実績を残したいとも。「他のブリュワリーの脅威になればいいよね」と期待を込める。

 ○…商売の快感を知ったのは、小学3年生の時。夏休みに、近所の裏山で捕ったカブトムシやクワガタを売ることを思いついた。即席の店舗は千葉県の親戚の家の軒先だった。オス300円、メス200円としたが、売れるのはオスばかり。そこで、セット販売を発案した。「子どもじゃなくて、大人に売るのがコツ。すぐ売り切れるから、現地調達してまた売って」。売り上げは3日間でなんと約3万5千円。「商売って面白いなと思いました。必要がなかったから、小遣いはもらったことがない」と振り返る。

 ○…約5年前に始めた弁当の事業が軌道にのり、能見台にある飲食店を畳もうかと悩んでいた頃、たまたま見ていたテレビで、岡山県のクラフトビール製造者を知った。「これだ!」と思い、すぐに業者の伝手をたどり連絡をとった。その製造者が今や「師匠」と慕う吉備土手下麦酒醸造所の永原さん。1か月後に面会が実現し、地元で酒祭りやビールフェスタを仕掛け、地域の活性化に貢献する姿に刺激をうけた。そしてテレビを見てから1年後には、ビール醸造を開始した。

 ○…「僕のポリシーはダーウィン」とにやり。フレンチ料理人、チェーン店マネージャー、飲食店経営者、そしてビール醸造者――常に”進化”を目指し、変化を続けてきた。流行りやニーズが目まぐるしく変化していく現代、「ひとつのことに固執していると変化できない」。進化の先に何があるのかは分からない。だが「ビールも弁当も楽しくやれているから幸せ」と笑った。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

古澤 和敏さん

アマチュアボクシング元全日本王者で現在は指導者として有望選手を育てる

古澤 和敏さん

1月4日号

増田 珠(しゅう)さん

硬式野球部の主砲として活躍し福岡ソフトバンクホークスへの入団が決まった

増田 珠(しゅう)さん

1月1日号

川村 丈夫さん

横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督として12球団トーナメント連覇に挑む

川村 丈夫さん

12月21日号

渡辺 克美さん

認定NPOコロンブスアカデミーの理事長で青少年の活動拠点づくりに尽力する

渡辺 克美さん

12月14日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

がん医療への知識深める

がん医療への知識深める

市大主催 22日に講演会

1月22日~1月22日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    著・中野孝次 文藝春秋

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『ハラスのいた日々』〈増補版〉

    1月11日号

  • 角田武夫が描いた金澤八景

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

    角田武夫が描いた金澤八景

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    1月11日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク