金沢区・磯子区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

金沢産業振興センターで10月14日行われたAozora Factoryの運営委員会委員長を務める 本多 竜太さん 磯子区杉田在住 44歳

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena

”ツナギスト”の本領発揮

 ○…昨年初めて開催したモノづくりワークショップ「Aozora Factory」。「次回はぜひ、参加したい」という声も多く、参加企業は倍以上に増えた。当日は時折、雨がパラつく悪条件の中、約1000人が来場する盛況さ。「参加してくれた皆さんの『成功させよう』という思いが本当に嬉しかった」と充実感をみなぎらせる。

 ○…就職か進学かの決断を迫られる高校3年で、「フリーターになる」と宣言。卒業後は、音楽活動とアルバイトに明け暮れた。24歳で音楽業界に見切りをつけ、ガテン系求人雑誌で見つけた現在も勤務する印刷会社・関東プリンテック(福浦)へ。「当初は全然やる気がなかった」と振り返る。しかし工場に導入された新型機械の担当に大卒の後輩が抜擢されたのを見て、スイッチが入った。「悔しくて、自分がいなければ工場が回らない存在になろう」と奮起。発注や業者との交渉を一手に引き受け、やがて工場長に。さらに社長に直談判し、30代前半で役員になった。

 ○…役員時代は営業に奔走。その時培った幅広い人脈は今に生きる。今では、「コレ作れる?」「こんな企業、知らない?」など印刷業とは全く関係ない相談や依頼が舞い込むという。しかも、知らないことでもその依頼を断らず、伝手を辿ってできる業者を一緒に探す。「だって、知らないことを知れるから」。こうして積み重ねてきた知見が、人や企業、モノをつなぐ新たな武器となる。「もう、職業は”ツナギスト”ですね」

 ○…「同じ産業団地にある企業同士でも、よそが何をできて、何ができないかを意外と知らない」と話す。産業団地にある企業のビックデータを作りweb上で公開できれば新しいビジネスチャンスが生まれるのではと考える。次にやりたいのは、「区内に市民開放型の”工房”をつくること」。イベントではなく常設で人やモノ、技術が出会う場があれば面白い――。尽きぬ好奇心で、新しい化学反応を模索する。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

有希乃(ゆきの) 路央(じお)さん

磯子まつりミュージックステージに出演する歌手

有希乃(ゆきの) 路央(じお)さん

磯子区岡村出身 22歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区釜利谷在住 45歳

9月19日号

佐伯 光茂さん

10月からシドニー総領事館公邸料理人となる

佐伯 光茂さん

金沢区釜利谷東在住 64歳

9月12日号

若栗 恭子さん

NPO法人こころの電話金沢の理事長を務める

若栗 恭子さん

金沢区釜利谷東 68歳

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク