金沢区・磯子区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

横浜無線グループ 大明交通に託児所新設 市内タクシー会社初の取組

社会

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena
託児所が新設される大明交通
託児所が新設される大明交通

 磯子区や港南区などのタクシー会社4社で構成する「横浜無線グループ」(小椋健生代表)は、大明交通(磯子区磯子1の4の88)内に無料託児所を11月以降にオープンさせる。女性が働きやすい環境を整え、ドライバーを確保することが狙い。市内のタクシー会社に託児所を設置するのは初の取り組みだという。

 神奈川県タクシー協会によると、協会に加盟する横浜市内の74社で託児所を設置している企業はなく、県内でも2社のみで、同協会担当者は「珍しい取り組みでは」と説明する。

「イメージ変えたい」

 「これまで、タクシー会社は男性が働く職場というイメージがついている。それを変えたかった。そのために、小さいお子さんを育てている母親が働きやすい職場にするにはどうしたらいいかと考えた」。小椋代表は託児所設置に至った思いをこう話す。社会的に課題となっている待機児童問題に民間として取り組み、若い女性を含めた人材を確保したい考えだ。

進む高齢化に対応

 (一財)神奈川タクシーセンターの統計では、京浜地区(横浜、川崎、横須賀、三浦)の平均ドライバー年齢は60・8歳(8月末現在)で年々高くなっている。大明交通も同様で、平均年齢は約63歳。65歳以上が約6割を占めており、高齢化が進んでいる。

 京浜地区の法人運転者証交付数は約1万3千人。うち女性は332人で増加傾向にあるといい、同社では女性が働く環境を整えることで、進む高齢化にも対応していきたいとしている。

一般の受入れも検討

 託児所「オリーブ保育園」は、11月以降に開所予定。保育士が常駐し、1日の定員は0〜3歳児を中心に11人を想定。母親が安心して子どもを預けられ、子どもものびのびと過ごせる園を目指す。同社に勤務する人は無料で利用でき、給食、おむつも支給。社内に併設するため、昼食を一緒に取ることもできる。

 また、一般の受入れも有料で検討している。「社会貢献の一環としても設置した。空きがある場合は、一般の方の利用も検討していきたい」と小椋代表は話す。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク