金沢区・磯子区版 掲載号:2018年5月10日号 エリアトップへ

4月から金沢消防署長を務める 伊藤 賢司さん 金沢区泥亀勤務 54歳

掲載号:2018年5月10日号

  • LINE
  • hatena

信頼と使命、いつも胸に

 ○…約200人の署員を率いるトップに。金沢署での勤務は初めてで「歴史ある文化財や、山や海など自然が多くあり、バラエティーに富んでいる」と印象を話す。署員には仲間を信じる心や自信と信念を持って行動することの重要性を伝えた。「そのことが結果的に市民からの信頼につながる」。表情が引き締まる。

 ○…鎌倉市で育つ。子どもの頃は野球に熱中し、高校野球の指導者を目指したことも。「叶わなかったけれど」と振り返って苦笑する。学生時代、プール監視員のアルバイトで水泳訓練に励む隊員の様子や、横浜消防に勤める友人を見て、身近に感じていたのが消防の仕事だった。「人と直接ふれ合い、人の役に立てることがしたい」。この世界に飛び込んだ。

 ○…西消防署の警備担当課長時代に東日本大震災が発生。援助活動で被災地に向かった。「まちに船が乗り上げていたり、想像を絶する場面を見た」。凄惨な現場を目の当たりに。昼夜を問わず懸命に任務にあたる地元隊員の使命感に満ちた様子は、今も心に残っている。その後は消防本部の緊急対策課長や救急課長、警防課長などを歴任。大規模災害に備えた仕組み作りなどに尽力した。「現場の隊員がやりやすいように。気持ちは(現場と)一緒」。震災を機に再確認した仲間と心を一つにする信頼感を大切にする。

 ○…50歳を過ぎ、同窓会で再会した中学時代の友人とバンド活動を復活。月に一度はドラムを叩いてメンバーと音楽を楽しむ。「夏にライブをすることが目標」。仲間を大切にする姿はここでも変わらない。妻の実家が金沢区ということもあり、まちには縁を感じている。「歴史ある地域と区民を災害から守っていきたい」。信頼と使命を胸に、任務に邁進する。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク