金沢区・磯子区版 掲載号:2018年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

開館20周年を迎えた六浦地域ケアプラザの所長を務める 内藤 恵子さん 金沢区六浦在勤 63歳

与えられた場所で全力を

 ○…ケアプラザの活動を支える100人以上のボランティアや地域への感謝を込め、5月26日に記念イベント開催した。「ボランティアの風土が醸成されているこの地域。だからこそ、自然に支え合う関係が築けると思う」という。横浜市の職員を定年後、所長を務め2年。「仕事がつまらないと思ったことは一度もない。いかに楽しんでできるか。一生懸命やることが道を切り開くことにつながる」と信念を語る。

 ○…東京都出身。横浜市大を卒業後に市の職員になった。9年いた市民局では、専門的な仕事を生業にする横浜の職人たちの技術や生き方を伝える本『ハマの職人探訪瓦版』の企画などを担当。「職人の方の温かさが大好きだった」と振り返る。福祉局(当時)では、地域ケアプラザの前身「在宅支援サービスセンター」で”第一号”の運営担当を務め、円滑な施設運営に向けたマニュアル作りに尽力したことも。「ケアプラザには縁を感じている」としみじみ。

 ○…栄区の保健所や鶴見区でも勤務。与えられた場所で全力を尽くすという心構えを常に大切にしてきた。昨年度は、施設と地域が一丸となり、六浦西地区の町内会で認知症啓発を目指した講座も開催された。「顔馴染みになることで、支え合う風土が育まれた」と手応えを感じている。

 ○…夫と都内で暮らす。娘と息子は近くに住み、5歳になる孫も2人。「それぞれの誕生日に集まって、みんなでお祝いしている」と微笑む。山登りが好きで、アルプスの山々を縦走していたほど。昨年登った伊豆の天城山は「シャクナゲの大豊作で素晴らしかった」という。開館20年のケアプラザは「地域福祉の拠点として皆さんに信頼され、愛される施設であり続けたい」。これからも全力で仕事を楽しむ。

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

一原 枝厘花さん

6月23・24日に開催の「第11回三洋物産インターナショナルカップ」に出場する

一原 枝厘花さん

6月21日号

矢原 由布子さん

小児がんをテーマに出版された絵本「しろさんのレモネードやさん」でイラストを担当した

矢原 由布子さん

6月14日号

長谷川 浩正さん

磯子事業会の会長を務める

長谷川 浩正さん

6月7日号

村田 秀雄さん

「みんなのレストラン」を主催するボランティア・市民活動分科会の会長を務める

村田 秀雄さん

5月24日号

齋藤 知行さん

横浜市立脳卒中・神経脊椎センターの病院長を務める

齋藤 知行さん

5月17日号

伊藤 賢司さん

4月から金沢消防署長を務める

伊藤 賢司さん

5月10日号

横浜市磯子区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/hall/isogo/

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

演奏曲、選挙で選ぶ

演奏曲、選挙で選ぶ

8月7日、杉田劇場で

8月7日~8月7日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク