金沢区・磯子区版 掲載号:2018年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

よこはま南部ユースプラザ 磯子に移転、区と連携強化 若者自立支援拡充目指す

社会

新施設で活動する利用者
新施設で活動する利用者
 不登校やひきこもりなどの若者自立支援を行う「よこはま南部ユースプラザ」が6月1日、根岸駅前(西町)から磯子区役所隣りのビル(磯子3の4の232階)に移転した。これまで課題だった行政との連携を強化し、支援を拡充していきたい考えだ。

 横浜市の補助事業である地域ユースプラザは、市内に4カ所あり2008年に開所した南部ユースプラザは磯子区のほか金沢区、港南区、戸塚区、栄区の南部エリアをサポートする。認定NPO法人コロンブスアカデミーが運営し、対象はおおむね15歳から39歳の若者とその家族。主な事業内容は、総合相談、若者の居場所の運営だ。ボイストレーニングやPCセミナーなどの社会参加プログラムや就労セミナーも行っている。

 一方で、開所から約10年経過するも「施設が認知されていない現状がある」(渡辺克美施設長)。相談に訪れた人からは「若者を対象とした相談窓口があることを知らなかった」という声も寄せられている。2017年度の登録者は239人で1日約20人が施設を利用。近年は利用者数に大きな増加はなく横ばいだ。

 移転前の施設は、区役所から離れた場所にあったことから区との連携にも課題があった。

区政運営方針に示す

 区の担当者は「物理的に近くなったことで連携が図れる」と話す。移転当日には職員が施設を見学に訪れた。

 また、2018年度の磯子区運営方針には「青少年健全育成施策の充実」の取り組みで、南部ユースプラザとの連携を示している。「別の相談で区役所に訪れた人で、家族のひきこもり問題を抱えていることがわかるケースもある。こうした場合には、すぐにユースプラザにつなぐことが可能になるのでは」と区担当者は話す。

 横浜市の調査によると、疾病や介護育児などを除いた、ほとんど家から出ない状態が6カ月以上継続している15歳から39歳は、市内で約1万5千人と推計されている。

 渡辺施設長は「支援を必要としている人はまだまだ潜在的にいると考えている。移転を機に、これまで以上に支援を広げられれば」と今後について話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

訪問母乳相談が好評

事業開始半年

訪問母乳相談が好評

8月16日号

中学生の部、時田さん(岡村在住)V

全日本ジュニアテコンドー

中学生の部、時田さん(岡村在住)V

8月16日号

隈氏監修「縁側空間」を創出

洋光台中央広場

隈氏監修「縁側空間」を創出

8月9日号

まちづくり推進協定締結

金沢区京急電鉄

まちづくり推進協定締結

8月9日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

8月2日号

初の夏3連覇で甲子園へ

横浜高野球部

初の夏3連覇で甲子園へ

8月2日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「バラ」は歴とした日本語

    金子さんの草花の不思議発見第17回 バラ

    「バラ」は歴とした日本語

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    8月9日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク