金沢区・磯子区版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

健康経営の拠点開設 市内2例目 LINKAI横浜金沢に

社会

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena
拠点が設置される金沢区臨海部
拠点が設置される金沢区臨海部

 企業が従業員の健康保持・増進を経営的な視点で捉える「健康経営」の支援拠点「LINKAI横浜金沢ウエルネスセンター」が金沢区臨海部にオープンする。7月18日には、オープニングセミナーが横浜市金沢産業振興センターで開かれる。

 健康経営の支援拠点の設置は昨年9月の新横浜に続き市内2例目。神奈川県予防医学協会が運営を担う。常設でなく、同協会の集団検診センター(鳥浜町)や鳥浜振興会館(同)、金沢産業振興センター(福浦)を活用し、月1回程度、無料セミナーや健康相談会を開催する。対象地域となる「LINKAI横浜金沢」は、金沢区の鳥浜町から福浦にかけて1000を超える企業が集積する産業団地。実践事例やノウハウの講義なども行い、地元中小企業の健康経営への理解を促す。

 県予防医学協会の担当者は運営する理由を、「私たちが推進する予防医学は、病気の手前で発見し、止めることが使命。(鳥浜町で)長年地域に根付いてやってきたので、地域貢献するのは当たり前」と話す。同協会の施設や人材を活用し、臨海地域の健康増進を支えていきたい考えだ。

 7月18日のオープニングセミナーは午後3時開始で入場無料。横浜市立大学特任教授・名誉教授で同センターのセンター長を務める朽久保修さんが基調講演「働くひとの元気を創る」などが行われる(午後3時30分〜)。

背景に人手不足も

 横浜市は2016年度に「横浜健康経営認証制度」を設けるなど、健康経営を普及促進させる事業を展開してきた。市経済局の担当者は「認証企業数は、今年も増加の見込み。企業にも徐々に健康経営の視点が浸透してきたように思う」と話す。

 健康経営が注目されるようになった背景には少子高齢社会や人手不足など社会的要因があげられる。「従業員がイキイキと働くことで、産業団地全体の活性化につながれば」と期待を込めた。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク