金沢区・磯子区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

横浜高校野球部の渡辺元智前監督の次女で6月に寮母生活を振り返る本を出版した 渡辺 元美(もとみ)さん 金沢区能見台在住 47歳

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena

寮母は人生そのもの

 ○…3月末、横浜高校野球部の寮母を引退した。「父が監督を退いてから、徐々に考え始めて。渡辺家として区切りをつけようかなと」。この20年は、「目標に向かって努力する選手の力になりたい思いだけでやってきた」。人生そのものだった寮母としての区切りとして6月、友人の勧めもあり本を出版した。

 ○…寮母として休みなく働く母を近くで見続け「休んでほしいな」との思いで、26歳から仕事を手伝い始めた。寮生約20人分の生活面や食事を担当。ただ、元々料理が得意ではなく、母の見よう見まねで献立を考え作っていたこともあり、選手からの専門的な質問に答えられない自分がもどかしかった。寮母として働きながら専門学校へ通い栄養士の資格を33歳で取得。「食を通して彼らの身体の一部を作ってあげられたという達成感はありますね」

 ○…時間がなかったこともあり選手とのコミュニケーションは主にホワイトボードだった。メニューや食のアドバイスを記し、選手からは感想や感謝の言葉が。約10年前の夏の県大会前、食堂に行くとホワイトボードに本のタイトルにした「甲子園、連れていきます!」とのメッセージが書かれていた。「選手の力になりたいという思いが届いていたんだと本当にうれしかった」

 ○…4月から桜美林大学のアスリート寮で管理栄養士として働く。今の楽しみは、大学でプレーする息子の応援だ。今でも野球部のOBから食のアドバイスを求められる。「やってきたことが間違いではなかったと思える瞬間ですね」。一方で、まだ引退した寂しさもある。「渡辺家が野球部に直接携わらない大会が初めて。それが100回の節目というのも感慨深い」。野球部を応援する思いは今も変わらない。

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月25日号

久保 博崇さん

全日本サーフィン選手権大会で優勝し、来年からはプロとして活動する

久保 博崇さん

金沢区東朝比奈在住 46歳

11月18日号

沓澤 和子さん

金沢区民生委員児童委員協議会の会長を務める

沓澤 和子さん

金沢区富岡東在住 75歳

11月11日号

原 国晃さん

堀割川魅力づくり実行委員会の会長を務める

原 国晃さん

磯子区東町在住 76歳

11月4日号

福永 奨(しょう)さん

プロ野球ドラフト会議でオリックス・バファローズから3位で指名された

福永 奨(しょう)さん

横浜高校出身 22歳

10月28日号

佐藤 雅彦さん

「とうふの泰平屋」専務で全国豆腐品評会東日本大会で銀賞に選ばれた

佐藤 雅彦さん

金沢区六浦東在住 60歳

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook