金沢区・磯子区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

西富岡小6年勝田くん 東日本卓球 優勝に貢献 県代表として団体戦出場

スポーツ

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena
大会優勝後、笑顔を見せる(左から)黄塚くん、近藤くん、勝田くん
大会優勝後、笑顔を見せる(左から)黄塚くん、近藤くん、勝田くん

 千葉県で9月に行われた小学生の卓球団体戦「第32回全国ホープス東日本ブロック大会」で、勝田裕介くん(西富岡小6年・杉田在住)が一員の「近藤クラブ」(相模原市)が初優勝した。勝田くんはダブルス、シングルスに出場し優勝に貢献した。

 同大会は、17の県・都から51チームが参加。3人1組で3ゲーム先取の団体戦で、近藤クラブは勝田くんのほか近藤凱誉くん(相模原市・5年)、黄塚結空くん(伊勢原市・4年)の3人が出場した。

 勝田くんは、黄塚くんと組んだダブルス(第3ゲーム)と最終第5ゲームのシングルスを任され、決勝までの7試合を戦った。特に準決勝、決勝は、最終第5ゲームまで勝敗がもつれる展開で、いずれも勝田くんが勝利した。「手足が震えていたが、自分が負けるとチームの敗退が決まるので必死だった」と振り返った。

 両親が実業団選手だったこともあり小学1年生からラケットを握った勝田くん。父親の慎さんの指導を受けながらシングルスの大会に出場していた。そんな時に、県内の強豪・近藤クラブから誘いを受けチームを結成。団体戦の大会に出場した。

 昨年夏からは、県内の強豪高校の卓球部員と練習をしている。スピードやパワーが勝る年上選手との練習で技術を磨き、自信をつけた。「高校生と練習しさまざまな場面に対応できるようになった。東日本大会でも自信をもってプレーできた」と勝田くんは話した。

 今後は、シングルスで県1位になることを目標に練習に励むという。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

地元食文化の発信地に

金沢八景

地元食文化の発信地に 文化

「むべ庵」で初イベント

12月5日号

藤野さんに感謝状

磯子区丸山不審火

藤野さんに感謝状 社会

不審者追跡、情報提供に

12月5日号

六浦東にこどもホスピス

六浦東にこどもホスピス 社会

県内初 2021年、開設へ

11月28日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

自治体初、間伐材で独自開発

11月28日号

グリスロで交通課題解決へ

金沢区富岡西

グリスロで交通課題解決へ 社会

地元の声反映し、再実証

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カナガワ国際児童画展

カナガワ国際児童画展

12月10日から区役所2階で

12月10日~12月15日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク