金沢区・磯子区版 掲載号:2018年12月6日号 エリアトップへ

写真コンテスト「はたらくすがた」 志村くん(浜小1年)優秀賞に 全国4306点から選定

教育

掲載号:2018年12月6日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手に笑顔をみせる志村くん
賞状を手に笑顔をみせる志村くん

 株式会社アイデムが主催し11月23日に表彰式が行われた写真コンテスト「はたらくすがた」で、磯子区磯子台在住の志村駿くん(浜小学校1年)が優秀賞に輝いた。同賞は小学生の部4306点の中で、グランプリ、準グランプリに続く上位賞。志村くんは「すごく嬉しかった」と受賞を喜んだ。

弟と遊ぶ保育士を一枚に

 志村くんは、夏休みの課題で学校から同コンテストを紹介され応募。母親の睦子さんらとコンテストのテーマである「働く大人」について考え、昨年まで通い、よく一緒に遊んだ保育園の保育士を被写体にすることにした。現在も弟の拓海くん(3)が通う保育園を夏休みに訪れ写真を撮影。弟と楽しそうに遊ぶ保育士を一枚に収めた。「笑顔の先生を撮れた」と志村くんは振り返る。

 普段から仲が良い兄弟。昨年まで2人で同じ保育園に登園していたが、1人で保育園に通う弟が心配だったという志村くんは、写真のタイトルを「おとうとをおねがいね」とし、心境を表した。

嬉しさの中に悔しさも

 今回志村くんが受賞した優秀賞は、グランプリ、準グランプリに続く賞。11月23日に行われた表彰式に出席し、賞状と記念品を受け取った。ただ、グランプリ、準グランプリに贈られたトロフィーはもらえず「すごく悔しかった」と涙を流した。

 普段から、睦子さんのスマートフォンで風景などを写すという志村くん。優秀賞受賞を機に、さらに写真に興味がわいているといい「来年もこのコンテストに参加してトロフィーをもらいたい」とすでに来年を見すえている。

 求人媒体の発行などを事業とするアイデムが主催するこのコンテストは2005年から開催され今回で14回目。全国の小・中・高校生を対象に「身の回りで働く大人の姿」をテーマに写真を募集した。児童、生徒に働くことの素晴らしさや大切さを考えてもらうことを目的に実施している。小学校から高校までの応募総数は8018点。うち小学生の部は4306点だった。
 

志村くん撮影の「おとうとをおねがいね」
志村くん撮影の「おとうとをおねがいね」

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク