金沢区・磯子区版 掲載号:2019年1月10日号 エリアトップへ

第68代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した 野並 晃さん 横浜市在住 37歳

掲載号:2019年1月10日号

  • LINE
  • hatena

考え・動き、新たな頁(ページ)を開く

 ○…市内若手経済人で構成される「横浜青年会議所」(JC)の先頭に立ち舵を取る。今年度のテーマに「考動(こうどう)」を掲げた。「一人ひとりが当事者意識を持ってアイデアを出し、積極的にアクションを起こしてほしい。今年はそれを推し進めていく」。会として横浜のさらなる発展に力を尽くす覚悟だ。

 ○…32歳の時JCに入会。”つわもの”ばかりのメンバーと切磋琢磨しながら汗をかいてきた。3年前、忘れられない出来事が起こる。地域共創を進める委員会の委員長に就任した際、「自信を持って事業提案をしたが、先輩からなかなか了承を得られなかった。『もっといいものを』と奮起した」。試行錯誤を繰り返し、実施したイベントは「防災」をテーマに、区内消防団の活動を一般に伝えるものとなり、好評を得た。「JCは一年ごとに違う役職を経験でき、階段を着実に上がれる」とその意義と魅力を語る。

 ○…誰もが一度は口にしたことはあろう、シウマイ弁当で知られる崎陽軒で専務取締役の重責を担う。昨年創業110年を迎えた横浜を代表する老舗中の老舗だが、横浜F・マリノスとコラボした「日産スタジアム炒飯弁当」、県とタイアップし、小田原蒲鉾などを盛り込んだ「かながわ味わい弁当」など、次々と打ち出す斬新な企画は目を見張るものばかり。「トップダウンでなく、現場からアイデアを上げることが大切。JCにも同じことが言える」

 ○…20年には世界のJCメンバーが集結する世界会議が横浜で開かれる。前年にあたる今年は、その準備も怠りなく進めていくという。国際都市・横浜の底力をPRしていく考えだ。「伝統を踏まえながら、この街のJCらしい取り組みに着手する。海外の方や女性メンバーも増やしていければ」。強い意志を垣間見せた。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

山口 晴幸さん

海洋越境廃棄物の現実をまとめた論文で「南山舎やいま文化大賞」を受賞した

山口 晴幸さん

金沢区能見台通在住 70歳

5月23日号

宮崎 正男さん

若手経営者を育成する金沢文庫「喜働塾」 塾長を務める

宮崎 正男さん

金沢区富岡西在住 87歳

5月16日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月1日号

片山 みささん

第8代横浜スカーフ親善大使に就任した

片山 みささん

磯子区杉田在住 58歳

4月25日号

西 涼光さん

4月に開講したトレボルNIHONGO教室の教室長を務める

西 涼光さん

金沢区六浦在住 33歳

4月18日号

猪俣 宏幸さん

4月1日付で磯子区長に就任した

猪俣 宏幸さん

港南区在住 58歳

4月11日号

濱崎 徹さん

シーサイドライン金沢八景駅の駅務区長を務める

濱崎 徹さん

金沢区在住 42歳

4月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バラに親しむフェア

グリーンファーム

バラに親しむフェア

5月22日〜6月2日

5月22日~6月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク