金沢区・磯子区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

陸上県総体 金沢高2選手が優勝 100m・安田選手 砲丸・木村選手

スポーツ

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
木村選手(左)と安田選手
木村選手(左)と安田選手

 5月12日に行われた「第72回関東高等学校陸上競技大会神奈川県予選」で、金沢高校(金沢区瀬戸)の安田隼人選手(3年)が男子100m、木村博超選手(同)が砲丸投げで優勝した。両選手は6月に開催される高校総体(インターハイ)予選の南関東大会に出場する。

ぶっつけ本番で制す

 安田選手は、昨秋の県新人戦で100m・200mを制した実力者。だが、大会前の3月にももの筋肉を痛め思うような走り込みができないまま大会を迎えた。「レース中も無事に走れるか不安だった。気持ちで走った」とぶっつけ本番で臨んだレースを振り返る。自己ベスト10秒60には及ばなかったが、10秒73で優勝した。

 2冠を目指した200mでは7位に終わったものの、4×400mリレーではチームの5位入賞に貢献し個人、チームでの南関東大会への出場を決めた。「南関東では調子をあげて優勝したい」と6位までに与えられるインターハイ出場を目指す。

自己記録を更新

 木村選手は砲丸投げでの優勝のほか、円盤投げで4位に入り、投てき2種目で南関東大会への出場を決めた。

 砲丸投げでは自己記録を9cm更新する14m33を記録した。「目標は15mだったので内容には満足していないが、結果を出せたことはよかった」と優勝にも悔しさをにじませる。

 南関東大会へむけて現在は、スピードを砲丸に伝えるフォームの習得に力を入れる。見すえるのは、2年連続の全国の舞台。昨夏は2年生ながらインターハイに出場するも予選落ち。「緊張で出るだけで終わってしまった」。全国で入賞するためにも、南関東大会での上位進出は通過点だ。

 同校陸上部顧問の加藤智明教諭は、「2人とも大事な試合で力を発揮できるメンタルの強さをもっている。気持ちとともに、フォームもブレないところが結果を出している要因」と話した。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

公会堂で初の朗読公演会

洲崎町在住橘さん

公会堂で初の朗読公演会 文化

多彩なジャンル 15組が出演

6月13日号

国交大臣賞を受賞

金沢八景まちづくり協議会

国交大臣賞を受賞 社会

駅周辺のまちづくりに貢献

6月13日号

NHK杯で準優勝

釜利谷高ボウリング部菅野選手

NHK杯で準優勝 スポーツ

アマ日本一の座に肉薄

6月6日号

模索10年で組織化

お助け隊なみき

模索10年で組織化 社会

日常の困りごとに対応

6月6日号

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月30日号

運営方針を公表

磯子区金沢区

運営方針を公表 社会

子育て支援、防災など強化

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月6日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

七夕飾り

七夕飾り

23日 プララ杉田

6月23日~6月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク