金沢区・磯子区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

6月29日に磯子区薬剤師会の会長に就任した 斉藤 秀賢さん 磯子区岡村在勤 47歳

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena

「感謝」胸に地域医療に貢献

 ○…休日急患診療所への出勤や災害備蓄医薬品の確保のほか「地域での連携をこれまで以上に強化していきたい」と抱負を語る。昨年結成された医師やケアマネジャーなどの多職種連携会議「レインボーネットワーク磯子」にも薬剤師会として連携を深めていきたいと考えている。さらに、会として学校の衛生環境の整備を担う。照明の明るさ調整や室温、プールの水質検査などの学校薬剤師としての仕事を「多くの方に知ってもらえればうれしい」と話す。

 ○…中区出身。薬剤師として休みなく働く父親と顔を合わせる機会が少なく、子どものころは、寂しい思いをしながらも母親と薬局に行くのが楽しみだった。父親の影響もあり「決断の必要がなく必然的に」薬剤師の道へ。10年前に父親が開局したサイトウ薬局を引き継いだ。「薬剤師の仕事は『ありがとう』と言ってもらえることがやりがい」。患者に寄り添い、感謝することを忘れない。

 ○…趣味は音楽鑑賞。子どものころドライブでオフコースや大滝詠一の曲が流れていた。「当時聞いていた曲を聞き直すと、当時の情景、風景がよみがえってくる。音楽のいいところ」。映画鑑賞も趣味の一つ。「エンドロールを見ると、たくさんの人が作品に携わっているとわかる」。チームで地域医療に取り組むレインボーネットワークにも通じていると実感する。

 ○…医療の進化や新薬の開発、患者の多様化により「日々の勉強が大事」。薬剤師会でも研修を企画し、薬学生への指導にも力を入れていく考えだ。「佐藤前会長が土台を作ってくれているのでプレッシャーや不安はない」ときっぱり。チームワークを大切にしながら、かかりつけ薬局の重要性を周知し、地域医療への貢献を掲げる。感謝を忘れずに会長職を務める。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

橋本 昌幸さん

4月から横浜市三殿台考古館の館長を務める

橋本 昌幸さん

磯子区岡村在勤 61歳

5月12日号

カテリーナさん

【Web限定記事】横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 

5月5日号

相馬 淳子さん

ラオスの織物や文化を伝える「PaTu」(パトゥ)の代表を務める

相馬 淳子さん

金沢区柴町在住 53歳

4月28日号

川井 康裕さん

久良岐能舞台の館長を務め、さまざまな企画を展開する

川井 康裕さん

磯子区岡村在勤 68歳

4月21日号

関森 雅之さん

4月1日付で磯子区長に着任した

関森 雅之さん

磯子区在勤 56歳

4月14日号

加古 潤二さん

少年野球チーム「横浜金沢V・ルークス」の代表を務める

加古 潤二さん

金沢区大川在住 55歳

4月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook