金沢区・磯子区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

六浦毎日スクール サッカー根付かせ50年 同窓会でOBら交流

スポーツ

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena
あいさつする和田代表
あいさつする和田代表

 金沢区の少年・少女サッカーチーム「六浦毎日サッカースクール」(和田篤雄代表/以下MSS)が今年創設50周年を迎え、7月15日に同窓会と記念交流イベントが開かれた。OBらも数多く訪れ、交流試合などが行われ活動の節目を祝った。

 サッカーがまだマイナースポーツだった約50年前。1968(昭和43)年、男子サッカーがメキシコ五輪で銅メダルを獲得し、これを機に毎日新聞社がサッカー人口の底辺拡大を目的に全国にスクールを設置した。MSSは、1969年、同社が関東学院の協力を得て設立されたのが始まりだ。2代目の代表を務める和田さんは「設立当時、サッカースクールは、横浜市内でも3、4チームで、金沢区内にはなかったと聞いている。区内で一番古いサッカースクールでは」と説明する。

部員120人に

 少子化の影響もあり近年、区内のサッカーチームへの子どもの加入は減少し続けている。約20年監督を務め、今年から総監督となった、忍足充さんは「部員が一時期50人を切ることもあった」と振り返る。状況を打破するため女子チームやキッズクラスを創設。今では約120人が所属するチームとなっている。

「ぜひ戻ってきて」

 MSSでは、7月の海の日を「同窓会の日」と定めている。例年、この日はOBらが集まり交流試合などを行っている。今年は50周年ということもあり、交流試合の前に記念イベントを行った。現役選手や保護者、チーム関係者が出席し、50年を振り返る映像などが流された。あいさつに立った和田代表は、現役選手らに「このチームはOBやコーチ陣に支えられ50周年を迎えることができた。六浦毎日を忘れずに、卒団してからもぜひ戻ってきてほしい」と呼びかけた。
 

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://kato-hiroto.net/ http://www.takenouchi-takeshi.com/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

岡村西公園が開園

磯子区

岡村西公園が開園 社会

市内初の公設防火水槽も

4月8日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月8日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月1日号

富岡・区役所間が運行終了

94系統バス

富岡・区役所間が運行終了 社会

新路線で利便性確保へ

4月1日号

感染対策、社会経済活動を両立

2021年度磯子区予算

感染対策、社会経済活動を両立 社会

自主企画事業に約9605万

3月25日号

「防災マンション」を認定

横浜市

「防災マンション」を認定 社会

設備・活動の両面で評価

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク