金沢区・磯子区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

金沢区幸浦・福浦 護岸崩壊 被災400社か 台風15号で被害甚大

社会

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
高波で窓や壁が破られた社屋=山装(福浦)
高波で窓や壁が破られた社屋=山装(福浦)

 金沢区や磯子区でも浸水や家屋損壊など多くの被害をもたらした台風15号。特に中小企業が集積する金沢区の幸浦・福浦のエリアの被害は甚大だ。いまだ全容は判明していないが、横浜市は12日、約400社、約750棟の被害発生が想定されると発表した(9月16日起稿)。

 「放心状態でした」。建材部品メーカーの(株)山装の山田進弘代表取締役は台風後に出社した時の心境を振り返る。足の踏み場はなく泥や瓦礫が通路をおおい、倉庫だった社屋の1階の海側の窓と壁はすべて壊れていた。「保管していた商品は散乱しすべて廃棄に。車はワンブロック先の曲がったところまで流されていた」と振り返る。

 市の津波のハザードマップでは、山装のある福浦2丁目に浸水を予想する青色はほぼない。山田取締役は「ここは大丈夫と思っていた。どう備えれば…」と話す。

 一方、金沢団地協同組合によると、鳥浜町にも浸水はあったものの、操業を停止した企業は報告されていないという。

中小企業は死活問題

 横浜市によると幸浦・福浦地区の浸水区域は約3・92平方キロメートル。壁に残った跡から約2mまで水位が達したと推測される。福浦の護岸1・3㌔の範囲で半分近くの約600mが損壊したという。そこに高波が襲い、海水が浸水したと思われる。

 市は14日から大型土のうを崩れた個所に設置する応急処置を実施。今後は波の大きさや威力を検証した上で、速やかに対処したいとしている。

 幸浦・福浦は中小企業が集積する産業団地。建物の損壊だけでなく、高額な機械やパソコン機器が塩水に浸かり使えなくなってしまう状態は、経営にとって死活問題だ。

 横浜市は12日、横浜市金沢産業振興センター2階に横浜企業経営支援財団による「特別経営相談窓口」(【電話】045・788・9571)を設置。初日から資金繰りや支援についての相談が寄せられた。同地域の会員企業から成る横浜金沢産業連絡協議会の担当者は「地域と行政のつなぎ役として、出来る限りのことをしていきたい」と話した。
 

損壊した護岸
損壊した護岸

マンションセミナー&無料相談会

9月29日㈰、かながわ県民センターで開催

http://bunjyounpo.or.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

災害時援護者名簿を提供

磯子区役所

災害時援護者名簿を提供 社会

汐見台自治会連合会と協定

12月12日号

復活の市大会準優勝

ソフトボール横浜マリーンズ

復活の市大会準優勝 スポーツ

23年ぶりの決勝進出

12月12日号

地元食文化の発信地に

金沢八景

地元食文化の発信地に 文化

「むべ庵」で初イベント

12月5日号

藤野さんに感謝状

磯子区丸山不審火

藤野さんに感謝状 社会

不審者追跡、情報提供に

12月5日号

六浦東にこどもホスピス

六浦東にこどもホスピス 社会

県内初 2021年、開設へ

11月28日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

自治体初、間伐材で独自開発

11月28日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク