金沢区・磯子区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

大道ふれあいむかし資料館で所有するクラシックカメラとその作品を展示する 鈴木 恭一さん 金沢区柳町在住 69歳

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena

試行錯誤に”面白さと喜び”

 ○…フィルムの装填、焦点距離の調整などカメラ本体の改造から、ルーペで見てピントを合わせたり、太陽が出るのを待つという撮影時の手間――。100年以上昔のクラシックカメラで写真を撮るための、こうした試行錯誤や手間をこの上ない「喜び」と感じる。今回の展示を通して、そんな面白さや驚きを伝えたいと願う。

 ○…初めてオリンパスの一眼レフを買ってもらったのは中学1年。値段は2万4000円で、当時の月収にあたる高価な品だった。「親にはとても感謝している」。同じ趣味を持つ従兄弟と撮影にいったり、写真雑誌を見たり。カメラの世界にのめり込んだ。仕事が忙しく離れた時期もあったが、自然に身に着けてきた知識や経験、技術は、今も生きる。「必要に応じて得たものは忘れないですね」

 ○…20年ほど前、新宿の中古カメラ店に立ち寄り、1950年代のドイツのカメラを”きまぐれに”買ってみた。写真の出来に「こんなに撮れるのか」と驚いた。どこまで時代を遡れば、この写りを保てるのか――その衝撃と探求心が、ハマるきっかけに。全日本クラシックカメラクラブに所属し、先輩達にアドバイスを請うて腕を磨いてきた。「カメラが古いと写真の評価が甘くなりがち。それではダメで突き詰めないと」と求道者の顔を見せる。

 ○…年一回は写真を撮りに海外へ。妻も旅行に同行するが基本的に別行動。カメラはクラシック含め4、5台は持っていくという。「街の風景写真は撮るのも見るのも好きなんです」。海外では撮影中「とっても素敵ですね」とよく声をかけてくるとも。古いものを大切に使っていることを評価する文化が嬉しい。「きっとこれからも撮り続けるんでしょうね」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

武藤 隆夫さん

横浜市電保存館の館長を務める

武藤 隆夫さん

磯子区滝頭勤務 50歳

12月12日号

佐藤 清江さん

磯子区で「植物を学ぶさ・ん・ぽ」等の講座を持つ

佐藤 清江さん

磯子区磯子在住 75歳

12月5日号

大隅 麻奈未さん

メゾ・ソプラノのソリストとして活躍する

大隅 麻奈未さん

金沢区富岡東在住 45歳

11月21日号

アピタ金沢文庫店 魅力を紹介④

11月24日(日)午前10時~ 好例!ブンブン抽選会

http://www.apita-kanazawabunko.com/ihaG8F

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

10月11日~14日まで「まぐろの日」にちなんだ限定商品を大放出!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク