金沢区・磯子区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする 遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ) 金沢区並木在住 69歳

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena

誰でも楽しめる芸を

 ○…地域の子ども会から野毛大道芸まで、幅広く活動。仕事を続けながら、昨年は87回ステージに立った。パントマイムを始めたのは51歳。「初孫娘に好かれたくて」と笑顔。芸名も孫娘からの呼ばれ方が由来だ。「面白おかしくしたい」と独学でバルーンやジャグリング、マジックなどの技を習得した。全てを組み合わせた大道芸がジーコ流だ。ピエロ風のメイクをすることも多い。「一芸はない。だけどお客さんも巻き込んで楽しむのがモットー」と話す。

 ○…2011年3月、テレビで被災地の子どもの様子を見た。「何かしてあげたい」。すぐに大量のお菓子やバルーンを車に詰めて避難所を回り、6カ所で芸を披露した。以来毎年、被災地の保育園や地域サロン等を訪れる。夏には孫も同行する。今年も4、8月に訪問予定だ。

 ○…以前はスポーツに熱中。しかし38歳のとき、白血病の一種を発症した。「足が腫れ、握力もなくなった」。1カ月半ほど入院、体力も衰えた。そんなとき、全盲の女性のマラソンを見た。「とても元気をもらい、僕もまだまだ頑張ろうと思った」。陸上を始め、大会も多数出場。金沢区のロードレースの50歳以上5Kmの部で3連覇も。今も毎朝6Kmのランニングは欠かさない。「地域ではよく走ってる人ってイメージのが強いかも」

 ○…「手話で伝えられた感想がほとんど分からず、悲しかった」。次こそは理解したいとの思いで3年ほど前から手話を習う。「言葉を使わずに伝える点ではパントマイムと似ている」と面白さを話す。今ではステージの冒頭に毎回、手話であいさつをする。また最近は磯子区の施設で知的障害者にパントマイムを教える。「年齢や障害の有無にかかわらず誰でも楽しめる芸を続けたいね」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

磯子区在勤 37歳

2月13日号

熊王(くまおう) 孝弘さん

知的障害を持ち、「働きたい!私のシンポジウム」で講演をした

熊王(くまおう) 孝弘さん

金沢区在勤 21歳

2月6日号

渡邊 永望(えいみ)さん

渡邊 永望(えいみ)さん

全国学生英語プレゼンテーションコンテストでインプレッシブ賞を受賞した

1月30日号

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

金沢シンフォニカの演奏会

金沢シンフォニカの演奏会

2月23日、金沢公会堂で

2月23日~2月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク